カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Charles Pierre Baudelaire

シャルル・ボードレールをご存知か? ボードレールは詩という

文学空間の可能性を最も早い時期に提示した詩人である 彼の

後に続くランボー・ヴェルレーヌ そしてマラルメらに決定的な影響を

与えたことから 近代詩の父と称されちょるお人

クリックすると元のサイズで表示します


ボードレーヌの詩集との出会いは高校生の頃 永年来の友人で

あり故人である I氏から勧められた・・・・・・・

勿論フランス語なんちゅ〜物は理解出来んから 堀口大學の訳で

読んだ ボードレーヌがいいのか?はたまた堀口大學の訳が

いいのか?定かではないが 青春に一石を投じる詩集になった

クリックすると元のサイズで表示します


堀口大學の訳の一説を出してみる


信天翁(ボードレール作 堀口大学訳)


しばしばよ、なぐさめに、船人等、信天翁(あほうどり)生け捕るよ、

潮路の船に追いする のどけき旅の道づれの海の巨鳥


青空の王者の鳥も いま甲板に据えられて、恥さらす姿も哀れ、

両脇に、 白妙の両の翼の、邪魔げなる、櫂と似たりな。


天翔けるこの旅人の、ああ、さても、さま変れるよ!

麗しかりしこの鳥の、ああ、なんと、醜くも、おかしきことよ。

一にんは、パイプもて、嘴こづき 他は真似つ、

足なへの片輪の鳥を!


詩人(うたびと)も、哀れ似たりな、この空の王者の鳥と、

時を得て嵐とあそび、猟夫(さつを)が矢弾あざけるも

罵詈満つる俗世の地に下り立てば

仇(あだ)しやな、巨人の翼、人の世の行路の邪魔よ。

クリックすると元のサイズで表示します


σ( ̄。 ̄) を含む多くの人々は 日本の言葉を汚しちょるのかも

しれんのぅ まさに文語体の表現の見事さでもある 言葉は文化

ナウい・・・・ちょ〜受ける・・・・全然良い(否定の肯定)など

上げればきりが無い まぁ政府文科相の指導にも問題がある

ぢゃろぅ σ( ̄_  ̄ )は思う もっと日頃から本を読まんといけん

でないと アメリカの様にスラング大国になってしまう

ボードレーヌ没 148年にあたり反省した


http://genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ