カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

George Smith Patton

第二次大戦のアメリカ陸軍の猛者 ジョージ・パットン 有名な軍人

として数々の書籍などに登場しちょります 北アフリカのチュニジア

当時このあたりにかの有名な ロンメル将軍の率いるドイツ・

アフリカ軍団がいた

クリックすると元のサイズで表示します


これに対してエジプトの英軍が戦っていたが なんせ相手は砂漠の

狐ちゅ〜ロンメル将軍ぢゃ 英軍は日々ボコボコにされちょる

そこで米国陸軍が ノルマンディー上陸作戦の予行演習も兼ねて

反対側のアルジェリアから上陸し ロンメル軍を挟み撃ちにしようと

しちょりました ぢゃが当時の米国陸軍は まだ戦闘経験の無い

ど素人集団 歴戦勇者のドイツ軍に返り討ちにされる・・・・・

そこで巻きなおしのために投入されたのがパットン将軍

クリックすると元のサイズで表示します


パットン将軍は行動に問題があり苦難の道を進む ノルマンディー

の初戦では干されたが 上陸後なかなか前進できない膠着状態に

陥った連合軍は ついにパットンを前線指揮に復帰 以後米国陸軍

の第三軍の指揮を執ることになった パットンは水を得た魚のように

活躍を開始し ものすごいスピードで快進撃

クリックすると元のサイズで表示します


快進撃を続けて 進軍距離を記録するんぢゃが 米・英・ソから成る

連合軍最上層部の政治的な配慮で ベルリンにはソ連軍が侵入

パットンはチェコでドイツ降伏を迎える


戦争終わって大活躍のパットンは英雄扱いのはずぢゃったんぢゃが

彼はソ連が大っ嫌い・・・・ソ連よりもナチス・ドイツの方が米・英には

親しみやすい存在というような 当時の状況ではかなりマズイ発言を

しマスコミや政界・軍上層部で大問題 戦闘指揮の必要は無いから

誰もパットンをかばわん パットンは第三軍司令官を解任・・・・・


パットンも 今から70年前 戦後すぐの1945年12月21日

自動車事故で世を去った・・・・・


http://genesis-ot.jp/


P,S

新入荷

クリックすると元のサイズで表示します

これね♪(* ̄  ̄)♂http://genesis-ot.jp/new.html

3
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ