カレンダー

2021
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

In the Heart of the Sea

話は1850年 ナンタケット島マスケゲット 小説家ハーマンは

その昔 遭難に遭い沈没したエセックス号の生き残り トム・

ニカーソンを訪ねる

クリックすると元のサイズで表示します


目的は エセックス号が遭難し 沈没した際に起こった 真実を取材

するため 真実を話すことを拒むニカーソンであったが 彼の奥さん

からの説得もあり 30年前の真実が明かされていく・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


30年前 船乗りのチェイスは 最愛の妻ペギーと幸せな生活を

送っていた だがチェイスは2年間も海上で 捕鯨のために航海を

しなければならない エセックス号に一等航海士として起用され

妻とまだ見ぬ 妻の腹にいる子供に必ず帰ると誓い出航する

クリックすると元のサイズで表示します


船員は 父親の権限でエセックス号に初船長として務めることに

なったジョージ・ポール そしてチェイスを良く知るマシュー

当時14歳であった 生き残りのニカーソンらの合計21人

航海中船は嵐に突入 チェイスはポール船長に進路を変更するよう

求めるが ポールは進路変更の指示をせず そのまま嵐の中を突き

抜けると指示 巨大な波と雷雨に打たれ今にも 横転しそうになる

船員達はロープやものに必死で食らいつき 船はなんとか嵐を抜け

出す ポールの判断に納得がいかないチェイスは船長室でポール

と口論に・・・ そいて2人の関係は更に悪化していく

クリックすると元のサイズで表示します


出航から3ヶ月後 エセックス号は南大西洋で出航初の鯨の群れに

遭遇 獲物を見つけて興奮する船員達 ただちに 小型の船を三隻

出し 各船に6人ほどの船員を載せ 鯨の群れに近づく

チェイスは船の先端に立ち 捕鯨用の巨大モリを鯨に目がけて投げ

放つ

クリックすると元のサイズで表示します


補給物資を調達するためエクアドルへ着く そこでたまたまサンタ

マリア号の船員と遭遇する 男から大量の鯨が群れている場所

そして悪魔のような鯨の存在を聞かされる その男の仲間であった

多くの船員がその鯨によって命を落としたという しかしチェイスと

ポールは更なる捕鯨のため その男の言っていた海域に船員達と

向かうことに意見を合わせる

クリックすると元のサイズで表示します


その話を聞いて向かうこと14ヶ月 鯨の群れを発見 前回と同じ

ように興奮する船員達 すぐさま小舟を出し 鯨の群れへ 以前の

鯨の群れよりも数が多く 余計に興奮していた船員たちだったが

チェイスがモリを投げようとした瞬間 巨大鯨の尾によって船が横転

船員達は海へ投げ出されてしまう 急いで船をひっくり返し船に戻る

だが損傷がひどいため チェイスたちは一度エセックス号へ戻り

小舟の修理を行う・・・しかし修理中にエセックス号に巨大な物体が

ぶつかる 正体は悪魔と呼ばれていた巨大鯨 何度も頭突きをされ

エセックス号の船底の一部が破損 そして海水が中に流れ込む

クリックすると元のサイズで表示します


船員は運べるだけの飲食料や物資を小舟に運ぶ 船内の鯨油に

引火し エセックス号は沈没・・・・南アメリカから西へ2000海里の

海域で遭難してしまう そこから真の恐怖と地獄が始まる

クリックすると元のサイズで表示します


ハーマンがエセックス号の生き残り トム・ニカーソンの話を書き止め

ていくが ニカーソンは話をやめたがる・・・・ そこには人に言えない

苦しみと苦悩があった・・・・ 何が起こったのだろうか? 何人生き

残れたのだろうか? 結末はレンタルDVDで!

クリックすると元のサイズで表示します


凄い映画ぢゃと思う・・・・


http://genesis-ot.jp/
3
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ