カレンダー

2018
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

重箱

今日も正月ネタ・・・・・・・・ しばしお付き合いの程 なにとぞ

((ノ(_ _ ノ) 宜しくお願いいたします

重箱はある意味 おせち料理と共に普及した代物ぢゃぁないかの?

おせちの始まりは平安時代 ぢゃが今のような形になったんは江戸

時代の後期ぐらいかららしい

クリックすると元のサイズで表示します


江戸時代の後期には 新しい年を祝う料理として 品のひとつ

ひとつに縁起の良い意味が込められていった 江戸時代には庶民

の間にも重箱が普及し 御節供料理にも使用され始めた

当時はすずりぶたちゅ〜 お盆状の器に祝い料理を盛るのが

流行っちょりまして 御節供料理といえば重箱という認識が一般化

されたのは明治になってからなんぢゃ 

クリックすると元のサイズで表示します


なぜ重箱を使用するようになったかとゆ〜たら 人がたくさん

集まった祝いの席で 運びやすくて場所を取らないちゅ〜実用的な

面と めでたさを重ねるちゅ〜縁起担ぎの意味合いがあるから

ちなみに この頃は正月に食べる料理は 食積(くいつみ)や蓬莱

(ほうらい)などと呼ばれていた おせち料理ちゅ〜名が広まった

のは戦後になってから 意外と最近の話し 

クリックすると元のサイズで表示します


それまで家庭で作っちょった 正月料理がデパートでも発売される

ようになり その際売り出すために付けられた名前がおせち

ぢゃったちゅ〜訳なんぢゃ 重箱は古くからある物と思われがち

ぢゃが 調べてみりゃぁ さほど昔からの物ぢゃぁないんぢゃのぉ


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ