カレンダー

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

芥川龍之介

厭世的思考の持ち主芥川龍之介 天才的な小説家である 多くの

人々に愛読される作品も多い 芥川龍之介は1892年(明治25年)

3月1日東京生まれ 彼は1915年に 羅生門を帝国文学に発表

すると 級友である松岡譲の紹介の紹介を経て夏目漱石の門下

入り

クリックすると元のサイズで表示します


そして1916年には鼻を発表 夏目漱石がこの作品を高く評価した

この時芥川は 海軍学校の英語教師を勤めながら 作品の執筆に

取り組み1917年には短編集の羅生門を発表

クリックすると元のサイズで表示します


1921年芥川は中国の北京を訪れ この頃から病気がちになって

いき神経衰弱や腸カタルを患う 翌年の1922年には藪の中 晩年

の1927年には河童や歯車」を発表 現代に残り続ける数々の

名作を執筆 だが同年の7月24日 大量の睡眠薬を服用して自殺

35歳という短い生涯を終えた

クリックすると元のサイズで表示します


多くの人間に言えることは 人は光と影で構成されちょる 

ただ芥川は光と影の振幅幅が人並みはずれちょります それ故

観察力や文章表現力がずば抜けていた ただ弊害は厭世的思考

が勝った時 視を選んではないぢゃろぉか?

今日は芥川龍之介の命日 小説河童や河童の絵を好んで描いた

ことにちなみ河童忌とむいう


http://www.genesis-ot.jp/

3
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ