カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Sage SLT

グラファイトVのセージSLT 今となっちゃぁ古いモデルのフライ

ロッドぢゃろぉ グラファイトVを代表する名竿とゆ〜たら 爆発的に

売れたセージLLぢゃろぉ その後継機がSLT

クリックすると元のサイズで表示します


このグラファイトVのロッド達は ミディアムレンジを得意とする

ロッドかも知れん 菅釣りなどで楽しまれる人には支持が高い

ぢゃが時代と共にパラボリックアクションが見直されて来る 特に

西日本の渓では ロングリーダーで細いティペットとテクニカル

キャスト駆使して釣られちょる人には受け入れられなかった

クリックすると元のサイズで表示します


判りやすくゆ〜と フィールドにマッチせんかったSLTちゅ〜こと

ぢゃった 写真のSLTは試し振りようのSLT 必要なら貸し出しも

しちょりました いくら優れたロッドでも その地のアングラーの

ニーズ合わなければ受け入れないんぢゃ いいロッドぢゃが合わん

かっただけ・・・・・ 他の地方では受け入れられたとは思う

クリックすると元のサイズで表示します


釣具屋としては お客さんがロッドに何を求めちょるか どんな

使い方されたいのか 色々と理解しないと求めに応じられない

ぢゃけぇ釣具屋は常にフィールドに出て 日夜研究と正しい知識

テクニックを磨かなければならん またお客さんもロッド+技術

やテクニックを学ばんといけん ロッドには授業料が含まれちょる

けぇのぉ 今は渓は難しくなって来ちょります 魚はたくさんいるが

釣る側の技術向上が遅れているため ここに全ての根源がある


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ