カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

コトリバコ

コトリバコ 小さな小鳥の為の箱ちゅ〜可愛い意味ではない

ITなどに出て来る都市伝説の一つちゅ〜ことらしい 歴史的には

明治初期の隠岐騒動から逃れた男が 庄屋から激しい部落差別を

受けちょった村人たちに 自分の命を助けてくれるのであれば 

庄屋の恨みをはらせる 呪いの箱の作り方を教える・・・・

と提案したことが始まり

クリックすると元のサイズで表示します


コトリバコとは 子取り箱と書くらしい それは呪いの箱であり 子供

つまり赤子や水子の体の一部を入れたもの 簡単には開けられ

ない複雑なパズルのような細工箱 その効果は恐ろしいもので 一家の女

子供が次々に苦しみ抜いて死んだと言われちょる


コトリバコを贈物と称し 呪いの対象となる相手のそばに置いておく

だけ 呪う相手は女・子供であり 次々と命を落とし 結果として

子孫を途絶えさせる


コトリバコに入れる子供の体の一部を 1体「イッポウ」

2体が「ニホウ」3体「サンポウ」4体「シホウ」5体「ゴボウ」

6体「ロッポウ」7体「チッポウ」そして8体を「ハッカイ」と数えた


その呪いの強力さゆえ 非常に危険なものであるとされ 後に

村人たちは製造されたコトリバコを ひとつずつ全て神社へ

持って行き 決して人目にふれないように封印した

クリックすると元のサイズで表示します


コトリバコが実在する場所は 島根県の山間部のとある集落である

といわれちょります 部落差別が実在した地域で 凄まじい貧困

だったらしい 間引きのために産まれたばかりの我が子を殺すほど

だったと言わちょる コトリバコで呪うほどその恨みは激しく 村人

たちは厳しい仕打ちを受けていたらしい

コトリバコのあまりの効果に 村人たちも身の危険を感じ お祓いが

できるようになるまで集落内のある1つの古い神社に保管した

何度か持ち去られたりしたものの あちらこちらの神社で保管され

実在するコトリバコは 今なお各地に広がり神社や古い建物の中に

実在しているらしい


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ