カレンダー

2019
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ピーマン 第2弾

今日はピーマン第2弾 大方の子供はピーマン大嫌いちゅ〜んが

多いと思う なして嫌いか? 答えは簡単ぢゃ つまり苦いから

ぢゃぁなしてピーマンは苦いか? 考えたことはある?

クリックすると元のサイズで表示します


ピーマンとピーマンの色違いにしか見えないパプリカ 実はどちらも

ナス科トウガラシ属の一種で 植物学的には明確な違いは無い

両者の色が異なる理由は成熟度の違い ピーマンの方が未熟で

パプリカの方が熟しているんぢゃ 成熟が進むにつれて甘くなり

苦味が減る ぢゃけぇピーマンの方が苦くパプリカの方が甘い

クリックすると元のサイズで表示します


ピーマンやパプリカは 中に種を含む果実 動物に食べてもらい

種を運んで自分たちの子孫の繁殖を狙っちょります ぢゃが未熟な

うちに食べられてしまうと きちんと子孫を増やす事ができん

そのために未熟なピーマンは 自分が苦くなる事で食べられる

のを防いぢょります 

つまりピーマンとパプリカの大きな違いの一つは 実はピーマンは

発育途中で食べられたくないちゅ〜観点なんぢゃ

ピーマンは苦くて嫌いちゅ〜人は まさにピーマンの思い通りに

なっちょると言える

クリックすると元のサイズで表示します


作る側から見れば ピーマンを成熟させればされるほど 育てる

のに時間がかかり 肥料や水やりといった手間も増える

成熟したパプリカの状態になるのには大体40日ほどかかるが

未熟なピーマンは20日ほどで収穫できる 単純計算で40日と

20日では 収穫量が2倍も変わる ぢゃが販売価格に2倍の差は

無い こねぇ〜なえ〜話を聞いたら ちょっとぐらい苦くても

え〜かぁーと思えてくる こうしてピーマンは覇権を握るように

なったのかも知れん

また消費者にとっても 生産者にとっても ピーマンの方がコスパが

え〜ちゅ〜点にある 両者両特ぢゃのぉ


http://www.genesis-ot.jp/

6
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ