カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

菜箸

日本は箸の文化がある國 勿論東南アジアも箸を使う國が多い

今日は箸は箸でも菜箸について考えた・・・・・・・・・・

菜箸ちゅ〜んは皆さんご存じぢゃと思う 食事に使うことは無く

どっちかちゅ〜と料理を作ったり 仕分けする場合に使う専用の箸

菜箸自体も木製・竹製・金属製といろいろある

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


菜箸と通常食事に使う箸の違いのひとつは その長さにある 菜箸

は通常の箸に比べ 約1.5〜2.5倍ぐらい長い 何故長いのか?

それにはちゃ〜んとした理由がある

通常の食事に用いる箸が 食卓に置かれた食器や 手に持った

食器から料理を口に運ぶ距離が短いのに比べて 菜箸は調理中の

熱から手先の火傷を予防する目的があるため長くなっちょります

クリックすると元のサイズで表示します


また調理台などの料理を 仕分けや振り分けが広範囲になることや

料理する者の 手ともてなす客が食べる料理との距離を離すこと

などで長くなっちょります 和食では当たり前の菜箸ぢゃが

今の若い方々で箸の使い方が あんましお上手ではない人の中で

トングを使う人も増えちょります

クリックすると元のサイズで表示します


菜箸を使わん日常生活も可とは思うが お子さんの食育上やはり

上手に菜箸を使い 日本の伝統文化を伝えていって欲しいと願う

最初に書いたように東南アジアは箸の文化が多いが 各国使い方

箸の形状などが異なる 日本は日本で長い間 箸の独特の文化が

育って来た 文化を後世に伝えることも我々の使命かも知れん


http://www.genesis-ot.jp/
5
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ