カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

七夕

今日は五節句のうちの四つ目七夕の節句 今は薄曇ぢゃけぇ

上手くいくと天の川が見えるかも知れん

五節句は 1月7日 人日の節句(じんじつのせっく)
  
     3月3日 上巳の節句(じょうしのせっく)

     5月5日 端午の節句(たんごのせっく)

     7月7日 七夕の節句(しちせきのせっく)

     9月9日 重陽の節句(ちょうようのせっく)

五節句は 五穀豊穣・子孫繁栄や 無病息災など 神様にお供えを

したりする また季節の変わり目は 災いや邪気が入りやすい

ので それらを払ったりする行事

クリックすると元のサイズで表示します


各節句には 昔から節句にあわせた食べ物がある ぢゃが・・・・・・・・

七夕ちゅ〜たら 何か関連の食べ物があったかぃの? (・・。)ん?

人日は七草粥 上巳はちらし寿司・はまぐりのお吸い物・

ひなあられ・菱餅・白酒 端午は柏餅・ちまき 重陽は栗ご飯・

秋茄子・食用菊

七夕は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (-ω-;)ウーン 思い浮かばん!

クリックすると元のサイズで表示します


調べてみたら 七夕の時に食べられている風習の物はそうめん!

そうめんの起源は以外にも古い 平安時代にはすでにそうめんの

原型を七夕に食べていたと言われちょります

そうめんの原形は索餅(さくべい)と呼ばれていて 索餅は中国から

伝来した食べ物で 和名ではむぎなわと言われていて もともとは

小麦粉と米粉を練って縄の形にしたお菓子

この索餅をお供え物にしたということが 醍醐天皇の時代 宮中の

儀式などを記した延喜式の中に残されていて それが平安時代

からと言われちょる

クリックすると元のサイズで表示します

                  < 索餅 >

実は実は索餅には悲しい伝説がある 7月7日に亡くなった子供が

いて その子が鬼となって帰ってきて疫病を流行らせた それを

鎮めるために その子供が好きだった索餅を供えたところ 疫病の

流行が治まった

それから1年間の無病息災を祈願して 索餅が食べられる様に

なった

この索餅が日本に伝わったのが 平安時代と言われていて 七夕

の日に索餅をお供えをしてたのが始まり やがて索餅→そうめんに

変わり今では七夕の日はそうめんを食べるようになった

でも七夕=そうめんちゅ〜んは ポピュラーでは無かったんぢゃろぉ

 
一応風習に沿って 今日は我が家ではそうめんにする


http://www.genesis-ot.jp/

4
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ