カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

けれど生きている

夜が終わって 朝に僕をかえしてくれる 朝の光が僕をつつむ

やさしくつつむ 君の笑顔のように

人生に始めと終わりがあるなら 見とどけてみたい


たったひとつの 部屋の窓を おおってしまう どこからか

なんのために そのはげしさで

僕に夢をえがかせ そしてうらぎるのか 教えて欲しい ♪

クリックすると元のサイズで表示します


この曲はかぐや姫のけれど生きているちゅ〜曲

1975年リリースの曲である σ( ̄。 ̄)はまだ学生の頃の話

この頃は邦楽ではフォークソング全盛期 泉谷しげる・井上陽水

吉田拓郎・かぐや姫・赤い鳥・岡林信康・ビリーバンバン・杉田二郎

たくさんの個人やグループがあった

クリックすると元のサイズで表示します


わしら兄弟 双子なんぢゃが曲の好みは全く違っちょった

貧乏な学生には フォークのLPはかなり高価 しかも当時は

ステレオもまぁまぁのお値段 今はえ〜時代 好きな曲はPCで

買うことも出来る

クリックすると元のサイズで表示します


音楽は人生のBGM 音楽を楽しもう!


http://www.genesis-ot.jp/
4
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ