カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Band Aid

一家に1箱 若しくは一家に複数箱 一般家庭には必ず置いちょる

バンドエイド または類似品 この手の救急絆創膏の元祖は 

なんちゅ〜てもバンドエイドぢゃ バンドエイドちゅ〜のは

ジョンソン&ジョンソンgが製造販売しちょる ガーゼ付きの

救急絆創膏

クリックすると元のサイズで表示します


生みの親は ジョンソン・エンド・ジョンソンの社員であったアール・

E・ディクソン 1920年の話ぢゃ 新婚ぢゃった彼は 妻の

ジョセフィンとアメリカ合衆国ニュージャージー州にて 新生活を

送っちょりましたが 結婚したてで台所仕事に不慣れであった

ジョセフィンは 度々手に火傷や切り傷を負っていて その度に

彼は彼女にガーゼと粘着テープで手当てを行っちょりました

クリックすると元のサイズで表示します


そして自分が留守の時にも 彼女が一人で簡単に手当てできる

包帯を作ろうと思い立った彼は 適当な長さに切ったテープに

ガーゼを貼り綿布を充てたものを考案 こうしてバンドエイドは

誕生した

クリックすると元のサイズで表示します


この画期的な発明で ジョンソン&ジョンソンは業績を伸ばし

アール・E・ディクソンは1929年にジョンソン&ジョンソンの取締役

となり 1932年から1957年までは副社長を務めた

ちなみにバンドエイドが日本に上陸したのは1969年の事らしい


http://www.genesis-ot.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

6
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ