カレンダー

2020
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

同名異物

商品の中には 同じ名前で進化し それらしさを伝承しちょる物が

ある ぢゃが名前は同じであるが 全く異質な感じになる新製品も

ある それがえ〜んか悪いんかは判断のしようがない

例えばσ( ̄∇ ̄;)の記憶にある アブカージナルは333・444

から33・44 そして3・4はそのデザインなどを踏襲してきた

更にC3・C4もそうぢゃが…………

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが33・44が復活する前に出ておったカージナルは別物

名前だけ同じで 名前が書いてなけりゃぁ (゚ペ)?なにコレ!!!

作る方としての考えもあるぢゃろぅが 消費者とのギャップはある

クリックすると元のサイズで表示します


アブのリールのファンは味を大事にする人が多い ダイワやシマノ

のファンの方々と違っている どっちがえ〜とかぢゃぁ無く…………

この製品がいけん訳ぢゃぁ無く 命名がそぐわないと思う

クリックすると元のサイズで表示します


確かに製品名はカージナル ぢゃが芦ノ湖・本栖湖・中禅寺湖で

ともに戦った戦友のアグカージナル4や4Xとは異質なもので

σ( ̄。 ̄はアブカージナルと呼びたくない


http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ