カレンダー

2020
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

麦茶

夏の定番飲み物ちゅ〜たら麦茶 

クリックすると元のサイズで表示します


暑い時に飲む麦茶は格別ぢゃのぉ………… 麦茶と日本人の

かかわりはいつからか? 調べたら意外とかなり昔からぢゃ

大麦は紀元前2〜3世紀に日本に伝わってきたといわれちょる

大麦は 古くから人の食料として用いられちょるが 生穀粒のまま

では食べられんから 麦を炒って水に浸けて食べちょりました

またごく自然に 炒り麦のつけ水を飲んでおった ぢゃけぇ炒り麦を

湯で煮だして飲む風習は 原始農耕の始まった頃からあったと

考えられちょる

クリックすると元のサイズで表示します


日本の歴史上の記述は 平安期初期に編集された 日本最初の

百科事典ともいうべき「和妙類聚抄」の中に 米麦を乾かし

これを炒って粉にし 湯水に点じて服す との記述がありる 

その後 麦茶が歴史上に登場するのは 1517年豊臣秀吉が

京都の北野天満宮で 大茶会を催した時の様子を記した

「北野大茶湯の記」によれば 秀吉が建てた高札7ヶ条のお布令の

1条に 茶湯執心においては また若党 町人 百姓以下によらず

釜一つ 釣瓶一つ 呑物一つ 茶なきものは こがしにても

苦しからず候間 堤げ来たり仕るべく事とあり 庶民の間では

麦こがしが お茶がわりに飲まれていた

クリックすると元のサイズで表示します


江戸時代に入り 寛政〜天保(1789〜1844年)の世態の推移

を書きとどめた寛天見聞記には「夏の夕方より 町ごとに麦湯と

いう行燈を出し 往来へ腰かけの涼台を並べ 茶店を出すあり

これも 近来の事にて昔はなかりし事なり」とあり 江戸末期には

麦茶を「麦湯と称して現代風に茶店で飲まれる」ほど すっかり

庶民に定着するようになった

クリックすると元のサイズで表示します


体に優しく 小さなお子さんから 死にかけの爺婆まで 幅広く

安全に飲用できる麦茶は 1年中飲用できる飲み物ぢゃ

夏は氷をぶち込んでキンキンに冷えた麦茶を飲んで 頭が

ズキ〜ンとなる様にさせてみよう まさに盛夏ぢゃ


http://www.genesis-ot.jp/


P,S

新入荷

クリックすると元のサイズで表示します


http://www.genesis-ot.jp/new%20item.htmlヽ(∇^*)ヨロチクビ
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ