カレンダー

2020
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Rublex Celta

σ(^0^)がルアー&フライちゅ= マにアックな世界に入った

んが1977年 以前に書いた通りデビューは豊島園にある管理

鱒釣り場 最初はフライキャスティングもままならず ルアーで

虹鱒を釣っちょりました 当時よ〜愛用しちょったんがスピナー

アブのドロッペン・メップス そしてルブレックスのセルタ

クリックすると元のサイズで表示します


今日はそのルブレックス社の話をしよう 当時レブレックス社の

ルアーの輸入代理店はツネミさん ぞしてルブレックス社は

フランスの会社ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


セルタはルブレックス社の中のスピナー 今の若い世代の

ルアーマンはスピナー自体をあんまし知らんと思う それは日本の

メーカーによるマスコミ操作でこの結果になった メーカーは

単価の安いスピナーなどより 利益のあるミノーを盛んに売れる様

操作してきた スピナーはルアーの原点に近いもの

クリックすると元のサイズで表示します


(σ´∀`)は今までスピナーで 数多くの魚を釣ってきた

海では メバル・カサゴ・鯖・マイワシ・スズキなぢ…………

淡水では ヤマメ・イワナ・アマゴ・バス・コイ・ナマズ・ウグイ・虹鱒

ブラウン・ヒメマス・ブルーギルなど…………

こねぇに簡単にヒットするルアーを排除し マスコミに先導される

若い釣り人に知ってほしいと願う

クリックすると元のサイズで表示します


そして数多くの優秀なスピナーが存在しちょることを

スピナーの置いていない店は 本当の意味でモグリの店である

スピナーがルアーちゅ〜物の根幹であるからなんぢゃ


http://www.genesis-ot.jp/
9
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ