カレンダー

2020
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Liberty Enlightening the World

Liberty Enlightening the World 世界を照らす自由の女神

アメリカを代表するオブジェ のニューヨーク港内リバティ島にある

アメリカの自由の女神は 高さ46.05m 重さ225トンもある銅像

台座の下から トーチまでの高さはナント!93.4m

足もとを見ると引きちぎられた鎖足かせがあり しっかり女神が

両足で踏みつけている これは全て弾圧や抑圧からの解放と 

人類は皆自由で平等であることを象徴している

クリックすると元のサイズで表示します


自由の女神は イギリスとの独立戦争のさなかに フランスと友好

関係を築いていた記念に フランスからアメリカに寄贈されたもの

この自由の女神を作ろうとの構想が生まれたのは 1865年の

話 発案者はフランスの法学者で歴史家の エドゥアール・ド・

ラブライエです この頃から女神像作製のための募金活動が

フランス全土で行われた 1874年にラブライエから依頼を

受けて 設計を行ったのはフランスの彫刻家フレデリク・

オギュースト・バルトルディ

クリックすると元のサイズで表示します


いろんな困難を乗り切り やっと完成した自由の女神

今から134年前の 1886年10月28日に除幕式が行われた

当時雨の日にも関わらず 100万人以上もの人が集まった

顔にかけられたフランスの国旗を除幕したのは 自由の女神の

製作者 ルトルディ その後現在の場所に置かれることとなり

リバティ島の庭園の設計は ランドスケープアーキテクトの

ロバート・ザイオンが担当


てな訳で134周年の歴史の自由の女神ぢゃ


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ