カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

おやつ

おやつ 職場やご家庭でも3時前後に 一休みちゅ〜感じでの

ティータイムが一般的である もともとおやつちゅ〜風習は 

いつからなんぢゃろぅか?

クリックすると元のサイズで表示します


江戸時代の中期までは 多くの人々は1日二食(朝食・夕食)

だった ぢゃがいつしか小昼ちゅ〜時に 小腹を満たすために

芋や煎餅などを食していた 小昼ちゅ〜時間が今でいう午後2時

ぐらい 江戸時代は刻を知らせるため 2時間おきに鐘を鳴らして

いた 午後2時は八刻

クリックすると元のサイズで表示します


そのため この時間の食を八 更におをつけておやつとなった

拍車をかけたんが 八代将軍の徳川吉宗が 砂糖の国内生産を

奨励したことにより 砂糖が手に入りやすくなり お菓子を食べる

習慣が広がった

クリックすると元のサイズで表示します


砂糖が一般庶民にとって 瞬く間に広がり 砂糖を使った和菓子

等も普及する 瞬く間に江戸におやつの習慣が根付く

一つの食文化が 砂糖を機に発達していく

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


明治時代には 栄養補給のため おやつが子どもにまで広がった

σ(^0^)の子供の頃は 家の近くの駄菓子屋さんが おやつの

提供場であったが 今は母親があらかじめ スーパーで購入した

ものを 我が子与えちょおります 時代とともに変化するものと 

しないものとに別れていく


http://www.genesis-ot.jp/


7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ