カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Shakespeare Swimming Mouse

日本では輸入代理店が無くなってしまったシェークスピア 昔は

シェークスピアとかゼブコちゅ〜メーカーのルアーなども 売られ

ちょりました ヘドンやラパラ・アーボガスト・ボーマーなどの

A級品ではなく あくまでも価格帯的にはB級品の価格の両社

ぢゃが意外と人気も高く 釣果も出て人気のある商品ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


その当時1$=¥260の為替レートで アメリカンルアーは高価

日本製のルアーは パクリもんが多かった 例えB級品でも個性

豊かでオリジナリティーがあった シェークスピアとゼブコ

そんな中でシェークスピアのスイミングマウスの紹介

クリックすると元のサイズで表示します


スイミングマウスはウッド製 美しい仕上がり…………ちゅ〜訳

ぢゃぁない 価格も手ごろだった 当時上州屋で売られちょりました

ゼブコのルアーも シェークスピア同様に ヘドンの価格の6〜

70%程度の価格ぢゃった

今でいうコーモランみたいな存在

クリックすると元のサイズで表示します


スイミングマウスはダーター系ルアー ただ巻きで左右にダート

しながら泳ぐ まるでヤチネズミみたいな感じ 勿論トップとして

使うことも可能ぢゃ 器用な人なら簡単に同じように作れる

時代がかわり こねぇなおもちゃみたいなルアーは売れん時代

生餌やライブベイトでないと アングラーも購入しようとはしない

時代とは言え 少し寂しい気がする


http://www.genesis-ot.jp/
10
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ