カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Burke Bassassin Grapper

1980年頃 スムスが輸入しちょりましたバーク社のルアー

フレックスプラグとバーク社は呼んぢょりました いわゆる

ソフトプラスティックちゅ〜ゴム系の素材 タイプ的にはペンシル

ノイジー・ポッパー・バイブレーション・クランクとあった

そんなバーク社のバサッシングラッパーのお話

クリックすると元のサイズで表示します


タイプ的にはノイジータイプ ジッターバグやクレージークローラー

のような水面を騒がしくするルアー バークの良さは材質的に

衝撃に強い 岩に充てても壊れることはほとんどない 浮力のある

素材の上 柔らかいが復元力がある 形状記憶系のソフト

プラスティック

クリックすると元のサイズで表示します


弱点は見た目の安っぽさ お世辞にも美しいルアーとは言えん

そして素材の関係か 動きの切れが悪い 頑丈さを取るか 動きを

取るかでこのルアーの二者選択となる 発売されてからも 人気の

高いルアーではなかった ただしその当時のバザーなら1〜2個は

タックルボックスにはバークのルアーは入れちょる人もいた

クリックすると元のサイズで表示します


σ(′∀` )も買うには買った リザーバー用にぢゃ 風の影響が

ある時や 崖にぶつけて落としたい場合などで使うことがあった

いまはバーク社もおそらく無くなっちょると思うが…………

今の若い世代には 全く相手されんルアーぢゃろぅのぉ


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ