カレンダー

2021
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Match

昔は生活に必要な火を熾すちゅ〜作業は大変なことぢゃった 

ひと昔前は マッチちゅ〜大変便利な道具が 各家庭に普及

しちょりました 今や電子調理具などや 電子着火装置付きの

用品も数多く出て 家庭でマッチを使うこと自体減ってきた

この偉大な発明は 今から約200年前の1827年 イギリスの

薬剤師であった ジョン・ウォーカーちゅ〜人物が 頭薬に塩素酸

カリウムと硫化アンチモンという化学物質を使用し 摩擦によって

発火する摩擦マッチを考案

クリックすると元のサイズで表示します


ジョン・ウォーカー氏によって 考案され販売されはじめた

マッチぢゃが このタイプは火付きがあまり良くなかったといわれ

ちょりました これを改良する形で考案されたのが黄リンマッチで

1831年にフランスのシャルル・ソーリアという人物が発明

クリックすると元のサイズで表示します


これは頭薬の部分に発火しやすい 黄リンを用いることで より

発火性を高めたもので どこでこすっても簡単に火がつくマッチ

として大人気を博した 以後のマッチの主流は この黄リンマッチ

となっちょります

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが黄リンマッチは 様々な問題点があった 1つには、発火点

の低さ 黄リンの発火点は非常に低く 室温程度でも発火する

場合があるため 常に自然発火のリスクを抱えていた

クリックすると元のサイズで表示します


更に黄リンによる 健康被害の問題もあった 黄リンは人体に

とって有害な物質で 大量に吸引すると中毒を引き起こすこと

もある 特にマッチの製造従事者たちの健康被害は深刻で 黄リン

マッチが普及するにつれて 次第に大きな社会問題と化していった

クリックすると元のサイズで表示します


代わりに登場したのが安全マッチ これは黄リンの代わりに

塩素酸カリウムを頭薬に用い マッチ箱側面のヤスリ状の部分に

塗られた 側薬と合わさることで初めて発火するタイプのマッチ

このタイプのマッチは 黄リンを使用する必要がなく 発火性も

十分に高かったことから ニュースタンダードとして世界各国で

製造・販売されることになった 現在普及しているマッチは

ほとんどがこの安全マッチで 摩擦だけで発火することはない


日頃使うことな少なくなったマッチぢゃが 世の中何があるか

わからん 災害時のことを考え やはり家には備えておく方が

ええんかも知れん


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ