カレンダー

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

幕ノ内弁当

今日2月20日は歌舞伎の日である 

1607年(慶長12年)のこの日 出雲阿国(いずもの おくに)が

江戸城で将軍徳川家康や諸国の大名の前で初めて かぶき踊り

を披露 出雲阿国は 安土桃山時代の女性芸能者で 少女による

小歌踊り ややこ踊りを基にして かぶき踊りを創始したことで

知られちょります このかぶき踊りが様々な変遷を得て 現在の

歌舞伎が出来上がっていると言われちょります

クリックすると元のサイズで表示します


そんな歌舞伎の長い歴史の中で 様々な言葉が生まれてきた

今日はその中の幕ノ内弁当



天下泰平の世になり 武士や公家の間のみで 親しまれてきた

文化や習慣が庶民に広まった江戸時代中期ごろ 庶民の間で

芝居鑑賞や相撲観戦が町人の間で流行すると 鑑賞の合間に

食べるお弁当が求められるようになってくる 当初はおにぎりなど

簡単なものが売られていた やがてちゃんとした料理を求める

声が上がる

クリックすると元のサイズで表示します


そんな時武士階級の中で使われてきた 本膳料理が注目される

本膳料理は儀式の時に提供する料理で 懐石料理のように

一品ずつ順番に出すのではなく すべての料理をお膳に乗せて

一度に出すスタイルが特徴 食べる合間に能を鑑賞することも

あった

やがて鑑賞の合間の食事が 本膳料理のように おにぎりと

おかずを一つの容器にまとめて提供する形式に発展

現在のスタイルが定着

クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに幕ノ内というと 相撲の幕内力士を連想するが 相撲とは

全く関係なく 芝居の幕と幕の間 つまり休憩時間に食べる

ちゅ〜ことから 幕ノ内弁当と呼ばれるようになった



http://www.genesis-ot.jp/

8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ