カレンダー

2021
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

仏像

日本最古の仏像は 長野県の善光寺の一光三尊式阿弥陀如来像

と言われちょります こちらは絶対秘仏となっており 西暦552年

に百済より日本へ伝えられたとされている

ぢゃが こちらのお姿は西暦654年に自らのお告げで お厨子の

中に隠れ 秘仏となられてからは一度もそのお姿を見た方は

おらず 過去や現在は勿論 これからの未来もそのお姿を

うかがい知る事は出来ん


しかしこの一光三尊の阿弥陀如来像は 7年に1度の御開帳の

際に 前立本尊という御本尊を模鋳したものは見る事が可能


これは両脇に観音菩薩像と勢至菩薩像を従えた 阿弥陀如来像

との三体の立像

つまり 仏教の伝来と共に日本へやってきた初めての仏像は

立像だという事になる


仏像には立像と座像の2種類が主である

クリックすると元のサイズで表示します


                  観音菩薩像

日本で作られた初めての仏像は? 奈良県の明日香村にある

飛鳥大仏が最古と言われちょります

西暦588年に蘇我馬子が発願し 596年に百済より渡来した

僧や職人により創建されたと伝えられている

こちらは釈迦如来の座像となり 約1400年前に仏教が伝わった

時点で 座像も立像も存在していた事がわかる

クリックすると元のサイズで表示します


                 阿弥陀如来像

座像は 一般的に瞑想の修行中のお姿や 説法をしているお姿

だと考えられている 釈迦如来や阿弥陀如来など 如来像には

座像も立像も存在するものが多いが 大日如来だけは必ず座って

いるお姿だというのが大きな特徴


また立像は 人々を救済しようと立ち上がったお姿だと考えられて

いる 実は時代と共に立像が増えていくが これは人々の不安が

増した時代背景により 人々の『救いにきて欲しい』との願望の

表れだといわれている

仏像は意外と身近に存在しちょります たまには足を止め静かに

手を合わされることも 良いんぢゃぁないぢゃろぅか!?


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ