カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ビー玉

ビー玉…… このブログを読んぢょられる方の多くはご存じぢゃろぅ

そう子供の頃に 遊んだ方々もいるはずぢゃ 今の子供たちと違い

昔の子供たちは 家の中で遊ぼなんて言語道断 親に追い出され

雨の日 若しくは病気や熱がある時以外は家にはおられんかった

クリックすると元のサイズで表示します


昔の子供の社交場 駄菓子屋さんには必ずちゅ〜てえ〜ほど 

ビー玉は置いちょりました カラー系はやや高く 色なしは

お手軽な価格 記憶によると 色なしは2個で1円ぢゃった

クリックすると元のサイズで表示します


なしてこのガラスの玉をビー玉というかご存じか? 知らん人も

結構おるぢゃろぉ 実はエー玉ちゅ〜もんも存在し エー玉から

弾かれたのがビー玉 ぢゃぁエー玉ちゅ〜んは?

クリックすると元のサイズで表示します


エー玉はご存じ ラムネの栓として使われる物

ラムネちゅ〜飲み物は 中に炭酸をいれるて 炭酸の圧力で

入り口を塞いで蓋になる訳なんぢゃ 蓋にするためにはキレイな

真円にならないとそこから炭酸が抜け液漏れが発生する

ぢゃけぇ作ったガラス玉をラムネに使えるA玉と 使えないB玉に

分けられ そのB玉が子供向けに売られるようになったのが真実

クリックすると元のサイズで表示します


ラムネは独特の瓶んの形 てっきり日本のものかと思ったら

なんとイギリス発祥なんぢゃ 1872年にイギリスのハイランド・

コットと云うコルク会社のセールスマンが ラムネ玉で栓をする

という画期的な方法を開発 ぢゃがその後 王冠で栓をする技術が

発展してきたため だんだん製造されなくなってきたが 日本では

今でも愛され使い続けられ 作り続けられちょります


http://www.genesis-ot.jp/
8
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ