カレンダー

2021
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

電話BOX

携帯電話・スマホの普及により数が激減しちょります電話ボックス

昔は街の至る所に設置され 道路沿いにもかなりの数があった

今はかなり少なくなったが健在である

いっちゃん最初の電話ボックスは 1954年(昭和29年)から

普及し始めた

この初期型電話ボックスは ボディがクリーム色 屋根の部分が

赤色で塗られちょり その見た目から丹頂鶴の様な感じで 通称

丹頂型と呼ばれちょりました

クリックすると元のサイズで表示します


ぢゃが1964年の東京オリンピックのとき 前面ガラス張り

組み立て式のボックスが東京中心部に登場する その後1969年

全国に配置 ガラス張りちゅ〜う見通しの良さから 防犯面で

また組み立て式という設置のし易さから急速に普及した

その後地域に合った雰囲気の電話ボックスが出るが 基本

組立て式が今尚存在しちょります

クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに昔は一通話 何分いや何十分・何時間話そうが10円

ぢゃった それが変わったんが1970年1月30日から

市内通話3分10円になった そして時間経過とともに10円を

投入することとなった いまは災害またが有事を想定し 少なく

なったが公衆電話や電話ボックスは残してある


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ