カレンダー

2021
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

夏をあきらめて

朝晩かなり涼しくなり季節が巡って行く感がするのぉ…………

今年の夏は雨に祟られ 釣行回数が少なかった

そんな夏の終わりに 夏をあきらめてを

この歌は研ナオコさんが歌ったが 作詞作曲はサザンの桑田佳祐

さん 個人的には桑田佳祐さんの方が好きなんで今日はサザンで

クリックすると元のサイズで表示します


https://www.youtube.com/watch?v=h6gxFv0Md6U

波音が 響けば 雨雲が近づく

二人 で思いきり 遊ぶはずの On the beach


きっと 誰かが 恋に破れ 噂のタネに邪魔する

君の身体も 濡れたまま 乾く間もなくて


胸元が 揺れたら しずくが 砂に舞い

言葉も 無いままに あきらめの夏


Darlin' can't you see? I'll try to make it shine

Darlin' be with me! Let's get to be so fine ♪

クリックすると元のサイズで表示します


潮風が 騒げば やがて雨の合図

悔や しげな彼女と かけこむ Pacific hotel


うらめしげにガラスごしに 背中で見てる渚よ

腰のあたりまで 切れ込む 水着も見れない


熱めの お茶を飲み 意味シンなシャワーで

恋人も泣いてる あきらめの夏


Darlin' can't you see? I'll try to make it shine

Darlin' be with me! Let's get to be so fine ♬


岩影に まぼろしが 見えりゃ 虹が出る

江ノ島 が遠くに ボンヤリ寝てる

このまま君と あきらめの夏 ♫


この曲は1982年の曲 1982年あなたは何をしちょりましたか?

社会人でしたか?学生でしたか?子供でしたか?


σ(・∀・ *)は人生の展開期を迎えた重要な年ぢゃった

それまでな〜んとなく生きて な〜んとなくアルーやフライを漠然と

行っちょりました つまり……いい加減に 生きいい加減に釣を 

しちょりました その転換期は1982年11月26日に起こった

ブラウントラウトを釣ったことが無く 一度釣ってみたいを思うちょり

ました 持っているすべての雑誌を調べ 過去のデーターを考慮し

気圧配置を見て この日本栖湖で釣りを行うことを決意した


タックルはスミスのスーパーストライク65mスピニング 

カージナル4X 各種スプーンと前日西部スポーツ館で

購入したバンゴAG9 5インチ


長時間のキャスティングで 肘の痛みと戦いながら9時間半

まぐれとしか言いようがない感じで ブラウンがヒットした

クリックすると元のサイズで表示します


60cm 3kg 雌のブラウンが釣れた この時我が人生で

至福の感覚が芽生えた たかが釣り ぢゃがこの雌のブラウンが

考え方を変えた これは人生を掛ける価値のあるものであると

それから趣味とは言え 今までと取り組み方が変わった

クリックすると元のサイズで表示します


自分の人生において いい加減な生き方を変えたブラウントラウト

出会えてなければ 今の自分が無いと思う そんな1982年の歌


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ