カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

廃墟のラブホテル

ITで読んだ怖い話 (´༎ຶ۝༎ຶ)ヒィィィ〜


クリックすると元のサイズで表示します


私はスナックの送迎係をしています スナックのママから指示を

受けて 旅館や駅などにお客様を迎えにいったり スナックで働く

女の子達を家まで送り届けることが仕事です

クリックすると元のサイズで表示します


そんな仕事を初めて半年がたった頃 あれは蒸し暑い夏の夜

でした

出勤前の私に ママから連絡が入りました

「今日から新しい子が入るから迎えに行ってくれる?場所は

廃墟のラブホテル 分かるよね?」


「…!?廃墟のラブホテルですか?そこに住んでるんですか?」

「そうよ 本人がそこに住んでるって言ってるんだから間違いない

わよ よろしくね」


「えっ…あっはい わかりました」

とりあえず電話を切り 分かりましたとは言ったものの 全くママの話

が信じられませんでした 何しろ廃墟のラブホテルです

しかも潰れてから何十年も経過している 地元では有名な廃墟の

ラブホテルです


とても人が住めるような所ではないし まして女性が一人で…?

ママの電話を受けてから なんだかその事が頭から離れず

何となくソワソワしてしまい嫌な予感がしました

ですが私の性格上あまり気にしないようにして ママの指示通り

出勤前に廃墟のラブホテルへ寄ることにしました

クリックすると元のサイズで表示します


出勤前といっても もう日は暮れて辺りは暗くなっていました

雑木林の中にラブホテルがあり 真っ暗な中で頼りになるのは

車のヘッドライトのみ

そして廃墟のラブホテルまでの道のりもうろ覚えのせいか 到着

までにやけに時間がかかってしまいました

やっとの事でなんとかたどり着くと 入り口が2つありました 

両方にボロボロの赤いカーテンがかかっています

どちらから入っていいか分からず とりあえずカーテンが破けて

車が入りやすそうな方から侵入しました

その瞬間!ピカッと強い光に照らされました

ドキッとして見ると センサーで感知して光るライトでした

「なんだよ 驚かすなよー!」

と一人言を言いながら 車をソロソロと進めて開けた場所で車を

停めました そしてエンジンを切り 例の女の子が来るのを

待っていたのですが… なんだか嫌な感じがします 今まで

霊なんて信じなかった私ですが… 早くこの場から立ち去る

べきだと直感で感じました 冷や汗も全身にびっちょりで………

クリックすると元のサイズで表示します


するといきなり エンジンを停めているはずの車なのに スピード

メーターの針が動きだし1180キロを指しました

「ヤバイ!おかしい!ここにいてはダメだ!」

私は逃げ出したい気持ちでいっぱいですしかし仕事で来ている

以上 女の子を乗せる前に逃げ出すわけにはいけません

クリックすると元のサイズで表示します


ふと助手席側に目をやりました すると いつの間にか女の子が

立っていました 私は

「助かった〜」

とホッと一安心 女の子に向かって

「いるならいるって言ってよ!全然気付かなかったじゃん!」

と言いながら 助手席の窓を開けました

しかしすぐ頭の中は真っ白になりました だって先程いたはずの

女の子がいないんです

私は一目散にエンジンをつけ 着た道を引き返しました

「とにかく 逃げなければ…!」

クリックすると元のサイズで表示します


その間も脂汗が吹き出し 足はガクガクと震えます 震える足を

押さえつけ アクセルをベタ踏みし車を走らせました


ようやく見慣れた景色に出た所で まずママに電話し経緯を報告

しました すると ママもその子に何回電話をかけても繋がらない

とのこと その後も連絡が付かず行方は分かっていません

クリックすると元のサイズで表示します


私が見たものは何だったのでしょうか… 冷静になった今でも

わかりません 確かに窓を開ける前 女の子の姿が見えていた

のですが…

スピードメーターの針も 女の子の姿も 全て何かの見間違い

であったと信じたいです

そしてもう2度とあの廃墟のラブホテルには 近づかないで

おこうと決めました

ラブホテルには 様々な人の念がこもっていると言われています

皆さんもお気をつけて


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ