カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

左前・右前

賢明な読者の皆さんならご存じと思うが ボタンで留める衣類には

左前と右前がある 今ではかなり左前が多くなって 主流になって

来ちょります

クリックすると元のサイズで表示します


ボタン穴が左にあり ボタンが右にある 主に男性用の衣類

クリックすると元のサイズで表示します


ボタン穴が右にあり ボタンが左にある 主に女性用の衣類

なして同じ衣類なのに 逆にしちょるんぢゃろぅか? 不条理である


これは中世ヨーロッパの文化が色濃く残っちょる関係ぢゃ 洋服は

まさしくヨーロッパ文化 中世において高貴な女性は エレガントで

美しい服に身をまとい暮らしていた  今の様にファスナーや

マジックテープなど無い時代 紐で締め着るのでさえ 使用人の

手助け無く服を着ることが出来なかった

クリックすると元のサイズで表示します


というか高貴な夫人は 着させてもらうのが当たりまえぢゃった

右利きが多いため 着せる側が扱いやすい様に 女性用は右前に

なっております 今の時代人に服を着せてもらうことは無いが

文化がそのまま残った感じぢゃが 左前で統一する感じになって

きて 右前の服は少なくなりつつある


http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ