カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

味醂

今でこそ和食に欠かせん味醂 どっちかちゅ〜と料理で使う物と

認識があると思う 味醂が日本に誕生したのは戦国時代

日本に古くからある練酒である 白酒などの甘いお酒の腐敗防止

のため アルコールを加えていたのが改良されてみりんになった

ちゅ〜う日本発生説と、もう一つは中国から渡来した 蜜が

したたるような甘い酒密淋(ミイリン)が起源ちゅ〜中国伝来説の

二つがある

クリックすると元のサイズで表示します


やがて江戸時代になると 味醂は女性でも楽しんで飲むことの

できる甘口の高級なお酒として人々に受け入れられた

まぁ今でゆ〜リキュール酒みたいなもんぢゃ ぢゃが当時の味醂は

甘みが薄かったようぢゃ 味醂の甘さは 米のでんぷん質を糖に

変える麹によって造り出されるが 麹を作る技術が発達して

いなかったため 濃厚な甘みを実現できなかった お酒として

庶民に浸透していた味醂は やがて料理のコクやうま味を

引き出す 調味料として使われるようになる 調味料として

使われた歴史も古く当時は砂糖よりも入手しやすい甘味料と

して用いられた

クリックすると元のサイズで表示します


味醂ちゅ〜ても 味醂には「本みりん」「みりん風調味料」「発酵

調味料(みりんタイプ)」と3タイプある


本みりんはアルコール分が14%あり「酒類」として扱われるため 

酒類販売免許のある店舗でしか販売することが出来ない


みりん風調味料は ぶどう糖や水あめなどの糖類に うまみ成分や

酸味料・香料を混ぜて作られる アルコール分は1%未満なので

酒類販売免許のない店舗でも販売が可能 また酒税がかからず

完成までの時間も比較的短いため 本みりんよりも安価で販売

されちょります

クリックすると元のサイズで表示します


発酵調味料(みりんタイプ)と書かれたものは 本みりんと同じ

ように作られ アルコール分が14%ある ぢゃがこの発酵調味料

は「酒類」ではなく「調味料類」として扱われ 酒類販売免許のない

店舗でも販売できる その理由はできあがった本みりんに塩を加え

お酒としてそのまま飲めないようにしているから そのため酒税法

の対象にはならず どこでも販売できる

発酵調味料(みりんタイプ)を使う場合は それ自体に塩分が

含まれていることを踏まえ しょうゆや塩といった他の調味料を

控えめに 入れて味をみるようにすると良い


http://www.genesis-ot.jp/
6
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ