カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

くるみ割り人形

今日はくるみ割り人形のことについて…………

くるみ割り人形ちゅ〜ても 1892年12月18日(ロシア旧暦12月

6日)マリインスキー劇場において バレエくるみ割り人形 

チャイコフスキー作曲のバレエ曲ではなく くるみを割るための

人形についてぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


くるみ割り人形の発祥はドイツ ザクセン州のザイフェン村

つまりドイツを代表する木工工芸品である

使い方は簡単で 人形の口をパカっと開いてクルミを入れ 背中の

レバーを使ってテコの原理でクルミの殻を砕く

くるみ割り人形の歴史は意外に古く 15世紀頃から既に存在して

いたとも言われちょります 兵士や騎士・王様の格好をしたものが

定番で クリスマスカラーの赤や緑が多く用いられる

クリックすると元のサイズで表示します


日本では工芸品として 輸入販売されちょります ヨーロッパ感覚

のお洒落な感じで 人気の高い商品といえる

ぢゃが……… 日本では実用には向かない 使うと壊れる確率が

非常に高い

クリックすると元のサイズで表示します


どうやら日本で売られちょる米国・及び日本産のくるみの殻は

ヨーロッパ産の胡桃に比べ硬いらしい ぢゃけぇドイツ産の

くるみ割り人形で 日本で売られちょるくるみを割ると 人形に

かなりの負担がかかるらしい

ぢゃけぇ 固い殻用の道具を使う方がベスト 無い場合金槌でOk

若しくは マイナスドライバーをくるみの後ろの凹みに刺し 捩じる

と簡単にわれる

クリックすると元のサイズで表示します


よくくるみを食べる方なら やはり専用に道具がお勧め ITで

売っちょります 尚最近はスーパーで殻付きくるみより 割った状態

で売られちょる方が多いかも…………


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ