カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

我が國の餅の歴史は古く 稲作の伝来とともに伝わったと考えられ

ちょります 平安時代になると白いつきもちのほかに だいずや

あずき・ごまなどの材料を加えた餅や 米の粉を用いたちまきの

ような粉もちなどが作られていた

クリックすると元のサイズで表示します


今では手軽に食することが出来る餅ぢゃが 江戸時代では高級品

江戸時代では 年末になると専門の職人が街に餅を売りに来て

庶民はそれを買った 

餅を買うことで「今年も年を越すことができた」と安堵する

年末の臨時収入を「餅代」と呼ぶのはこのなごり 一方で金持ちの

場合は豪勢で 自宅に餅職人を呼び その場でつきたての餅を

食すこともあったようだ

クリックすると元のサイズで表示します


通常の餅であっても 庶民の誰もが口にできたわけではない

お正月の定番メニューである雑煮も 餅入りのものは高級品と

された 餅を買うお金のない人間は 里芋を入れて餅の代わりに

したという…………

現在 地域によって異なるが お雑煮の食材の定番となっちょる

里芋であるが あの粘り気で餅の代用品にもなっていた

クリックすると元のサイズで表示します


今はえ〜時代 スーパーで年がら年中餅は売っちょります

オマケに1個づつ包装され カビも寄せ付けん状態になっちょり

ます 昔は正月過ぎてきたら 餅のカビがきて 除去したり

水餅にしたり しちょりました


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ