カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Hardy Marquis Multiplor Fly Reel 8/9

今から37〜8年前 σ(・ω・。)のメインフィールドは芦ノ湖 湖の

トラウトフィッシングが好きで 毎週のように通っちょりました

芦ノ湖での釣りは キャスティング・トローリング・そしてハーリング

ハーリングちゅ〜んは馴染みが無いかと思うが 春先やトラウトが

表層で釣れる時期に ボートでフライラインを流して釣る方法

まぁ簡単にゆ〜と トローリングのフライパターンぢゃ

クリックすると元のサイズで表示します


人それぞれ違うが σ(´Д` ) の方法は6〜8番のタイプUの

シンキングラインを30ヤード出して 更にバッキングラインと

フライラインのつなぎ目が 水に着くぐらい出す その先に

ストリーマーや小型のスプーン・プラグなどを装着して船で流す

ただしフライリールは1:1が多く 40ヤード程度を巻くには

かなり時間が掛かる そこでギア比の違うリールを使うことに

しちょりました

クリックすると元のサイズで表示します


写真のフライリールは ハーディ社のマーキス・マルチプラーフライ

リール おおよそギア比が1:1.7ぐらい 巻き取りが速い

勿論英國製の物ぢゃ 後はスピーデックス社のマルチプラーも

使っちょりました

クリックすると元のサイズで表示します


ポイント移動する際に 2本のフライロットのラインを回収するんが

大変な作業 一刻も早く巻くためには やはりマルチプラーリール

が欠かせんかった トローリングすればえ〜んぢゃないかと

思われるが トローリングロッド2セット・フライロッド2セット

ルアーを使う場合 やはり2セットになると 道具が多すぎて面倒

やはりトローリングする場合 水温が高くなり深場を探る時がベスト

クリックすると元のサイズで表示します


山口に戻ってから 使う機会がほとんどない 今後少しは使って

みようかの!? な〜んて漠然と考えちょりますが…………


http://www.genesis-ot.jp/
7
投稿者:監督
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ