やまちーのへなちょこプレイヤー日記

演奏は体力だ!・・・を別にモットーにもしていない私、山崎千鶴子 〜三味線演奏家であり、ロックバンド「ホーリーマウンテン」のギタリストでもある〜 の、音楽を中心としたへなちょこな日々をほげほげつづっています。

 

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまちー
okutoさま
この欄で田島さんが書いてくれた、酪農家のかたの「出荷までは俺は何としてでも生きさせる義務があるのだ」という叫び。
せめてせめて、感謝をこめて美味しく食べてあげること。。。それすらかなわず、安楽死させてあげることもできず、最悪の結果ですよね。。。
私はこの悲しみや怒り、そして原発がどれだけ人の生活をぶち壊していくか、絶対に忘れないでいようと思います。
投稿者:okuto
幼少の頃、かつては家畜を育て収入源だったオイラの家でも今度の家畜の「餓死」にはなんとも言いようのない「憤り」感じていた一人。何とかできなかったのかな。
折角丹精こめて育てた「豚」が。人間の生活の為とはいえ売られゆく運命に子供心に矛盾した思いを感じていた。。
 しかもこんな状況で死んでいくなんて耐えられない。
ズツートこらえてきたけどあえて書きました。
人間同様いや「家畜」は口が利けないだけに
尚哀れみが・・・。
被災地のかたがたへ「頑張れ」とはもういえない。何時も何時も頑張ってるから 
一日一日をせめて明るく過ごしてください。
なんていっても無理だよな。
時間が解決する、ナンテ悠長なことも言ってられないけど。
 過去にいつも台風が襲来「台風の銀座」といわれたが、やはりその土地から離れることは出来ナインだよな。その気持ちヨークわかる。あけない日はない。・・・・・・。
投稿者:やまちー
フジタカちゃま
この震災において東京(関東)の人の温度差というのは大きいですね〜。
こうやって現地まで乗り込んで力を尽くすひと、わしらみたいにここで悶々とするひと・・・昨日は、アメーバピグやってたら「原発のせいで東京が不便になるのはイヤ」と言いたれた子がいて、「あんたここにいてそれ言うか・・?」と呆れてしまいまちた。
被災していない私たちにも、できることはあると思っています。 唄をうたうことも、そのひとつかも知れませんよ〜♪
投稿者:フジタカ
ゴールデンウイークを利用してボランティアに行くツアーが混んでるみたいですね。みんなすごいなぁ・・・。

満月の夕、大好きです。
実は地震の翌日にライブ予定があり、この歌を歌う(弾く)予定でした。
ライブはもちろん延期になりましたが、被災していない自分がこの曲を人前で気軽に歌うのは当分無理だなーと感じてます。
ソウルフラワー、私も尊敬するアーティストですー。
投稿者:やまちー
春ちゃん
うっ、そうだったのですか! 酪農家さんたちは最後まで牛さん豚さんを守ろうとしていたのですね・・・・うううう(涙)
丹精こめた野菜を、自らの手で廃棄しなきゃならなかった農家さんも、同じように身を切られる辛さだったと思います・・・悲しすぎる。
投稿者:やまちー
蓮さま
ソウルフラワーは阪神の被災地に出前ライブをたーくさんやって、皆さんへ元気を届けていたそうですね。
今回も、震災直後からソク動き出し、基金を集め、鍋などの物資を集め、がんがん送っているようです。 カッコ良すぎるう〜・・・昔からすごく尊敬してるアーチストです。
投稿者:田島春
おはようございます。僕の最期でこれだけは避けたいナンバー1が餓死。次は水死と焼死です。奇しくも福島沿岸部の牛さん豚さんは
その2つに命の火を消されてしまいました。可愛そう過ぎます。実は幹線道路では、立ち入り禁止の番をしてる警察と酪農農家の人が毎日もめていたのです。「牛や豚は家族だ。出荷までは俺は何としてでも生きさせる義務があるのだ。俺を中に入れろ。餓死なんてありえない」と。
涙ながらに訴えたのですが、願いは通じず、
餓死に至りました。我々はこの最大の不幸を忘れることなく、後世に伝える義務があると思います。

自惚れた サルがした罪 後世に 伝えて二度と 惨事なきよう
投稿者:蓮
ねえさん、満月の夕知ってるよ。
今東北の被災地の人々がこの曲に励まされてるという話も聞いている。
神戸から東北へ絆の橋ができたかな、なんちゃってなーーw
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ