やまちーのへなちょこプレイヤー日記

演奏は体力だ!・・・を別にモットーにもしていない私、山崎千鶴子 〜三味線演奏家であり、ロックバンド「ホーリーマウンテン」のギタリストでもある〜 の、音楽を中心としたへなちょこな日々をほげほげつづっています。

 

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまちー
でへへへ。。。戦後んときは米兵さんに「ギブミーチョコレート」つってチョコもらうのが楽しみだったなぁっと ♪
あと、こどもんとき、日露戦争に勝ったのがそらもーうれしくてのう。。。
投稿者:hana
もうー、山ちー年誤魔化したらあかんよ!チクロを知ってるって事は60代やな!あたしゃチクロは知らんがDDT を米兵さんに頭からかけられましたぞ。おっとDDT を知ってる私は70代やん(笑)
投稿者:やまちー
okutoさま
本当ですよね! 今回ばかりはセージ家のどうしようもなさが大爆発し、まっことぶつけようもない怒りが渦巻きますわ〜〜
はっきり言って、ソーリなんか誰がやったってええのですわ。 とにかく早く動けや! かたっぱしから始めろや!
管さんが最初に谷垣さんに電話で大連立をお願いしたときに、サッと承諾し、全政党あげて復興へ向けて動いておれば、あれからどんだけ進んだんだろう?と思ってしまいます。自民党だって逆に株をあげたと思うんだけどな〜
あっしつれーしました。わしの個人的な感想どす。。。
投稿者:やまちー
hanaちゃん
liveおつかれさんでした〜! 剣さんに肩抱いてもらっていがったね!! 裏山しいぞ〜コノコノ!(爆)
いやいやいっつもバカの片棒かついでくれて、すっげー喜んでいます。
それに私も、「明るく毎日をこなしていくこと」が、まずは自分に出来ることだと思っていますデス。
強く生きれる自分があって初めて被災地のことや原発のこととか考えることができるのだからにー。
これからもバカ道を邁進するので、よろチクロです〜(←トシがばれるわい・・・)
投稿者:やまちー
春ちゃん
お忙しい中、コメありがとうございます。
3か月以上たって、やっと告別式ができるという現実・・・う〜、ことばもありません。

おっしゃるとおり、震災を通して皆が地球への畏怖を思い出したかも知れませんね・・・それは東北の犠牲の上に。。。

そして原発については・・・ 事故が起きて日本は、いや世界は初めて「脱原発」という選択肢があることに気づきましたよね。福島のあまりに大きすぎて気の遠くなるような犠牲の上に。ほかの被災地と根本から異質な被害の上に。
日本そして世界が「原発はヤバイぞ!」と気づいたことは、福島の犠牲があったから・・・ けれど「だから無駄じゃなかった」なんて、思いたくもないし、当事者の皆さんのこれから先の月日のことを思ったら、私たち皆が決して同じことを繰り返さないために、出来ることをすべてやらなくちゃ、と思います。
それは選挙の一票かもしれないし、正しい知識を得ようとすることや、ひとと意見を交わすこと、政治家を監視すること・・・節電だってもちろん。
日本じゅうのひとがどれだけ、今回の痛みを感じているのか、変わろうとするか、これから問われていくのだと思います。
投稿者:okuto
 大勢の犠牲者の悲惨な状況を毎日のようにまのあたりにして、忘れるどころか日を追うごとに涙があふれる。でもまだ涙が出る余裕があるだけましかも。現地の方達は涙を流すどころか、明日、いや今日、イやこの瞬時をいかに暮らすか???

 それにつけても永田町の人間共はナニをしとるんじゃ!!そしてやつらの頭脳の中身はどないなっとるンジャ!?
 怒りともどかしさ、情けないやら口惜しいやら・・・。テレビの前で怒りまくっている自分が今日もいる。
投稿者:hana
バカの片棒を担いでるhanaちゃんだよーんっと!何もやってないのは私やわ。山ちーちゃんはコンサートしたりちゃんと貢献してるやん。私のやってる事って…明るく毎日をこなして行く位やわ。被災された方々の苦しみは当事者にしか絶対わかれへん。なんやかんやゆーても皆自分が一番大事なんやから。やからせめて被災され方々が今より嫌な気持ちになるよーな事にだけなれへん事を願うばかりです。
あっ、朝から真面目なコメしてもたやんか、これも昨日のliveのお陰か?!
投稿者:田島春
おはようございます。いえいえ、今回の震災を目の当たりにして、地球と言う星に対する畏怖の心が芽生えれば、僕はこの震災も無駄ではなかったと思っています。人間なんぞ単なる地球に住む動物の一種でしかないのですから。
今日も知り合いの告別式の告知が、新聞のお知らせ欄に載っていました。3ヶ月以上経った今、やっと落ち着いてきたのでしょうね。
一週間前、僕が小さい頃遊んでくれた4歳上の近所のお兄ちゃんが流された現場に、嫁と
行ってきました。彼は海が好きだったのか、山から海岸線に3年くらい前に家を建てて長男夫婦と暮らしていたのですが、震災時の津波でお兄ちゃんと嫁さんだけ津波に呑まれて54歳の若さで一足先に逝ってしまいました。これもまた避けれない運命だったのでしょう。僕の友人は海のまん前に住んでいましたが、どう思ったのか突然、去年の夏に山の上に家を建てて難を逃れました。当然ながら
以前の家は基礎だけ残し、何も残っていません。彼は彼で生きる運命だったのでしょうね。この震災で人の運命と言うものを信じるようになったぼくです。
我がムスコ 友を悼んで 下を向く
投稿者:やまちー
蓮さま
ああ、他人事にはしたくない、って本当にそうですよね。。。大怪我を負った東北すべてと、そして原発、福島。。。
現地のかたたちからすると、よその人には本当の痛みは絶対わからない、という思いがあるかとも思います。そのこともふくめて、あえて今日はこんな思いを書いてしまいました。しょうもないひとりごとです。。。
投稿者:蓮
ねーさん自分も同じです。現実に出来ることが何なのか分からない、けれど絶対他人事にはしたくない、増して忘れたりしたくない。
好きなことをやっていても、いつも心のどこかに引っかかるものがありますww
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ