やまちーのへなちょこプレイヤー日記

演奏は体力だ!・・・を別にモットーにもしていない私、山崎千鶴子 〜三味線演奏家であり、ロックバンド「ホーリーマウンテン」のギタリストでもある〜 の、音楽を中心としたへなちょこな日々をほげほげつづっています。

 

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やまちー
春ちゃま
ぶっはっは! 前に春ちゃんとはお電話でお話しましたが、たしかに「声でかっ!」と思いますた。
声が大きいというのは、生きるエネルギーも大きいということで、スバラシいことでつぜ。
その点アタクシなぞは、蚊の鳴くようなちっさい声でペソペソしゃべるので、いつも人さまから「いるのかいないのかわからない」とゆわれます。。。(゜〜゜)
投稿者:やまちー
okutoさま
おおお、そうなんだ〜。くるだんど原曲は一度聞かないとあきまへんね。暗くて重い曲なのですか。
小耳に聞いたところでは、厳しい労働に駆り出されている奴隷たちが、空の黒い雲を見て「来るだんど〜」と叫んだ、というのが始まりとか。。。
奴隷たちの悲しい歴史と、つかの間の休息、そして祭りを描いたのがあの曲なのです。お聴きいただけて、光栄に存じます。
投稿者:田島春
お疲れ様でした。そんで、お声と言えば僕でしょう。スーパーで前にいる嫁を「おーい!!
嫁っ!」そう呼ぶと周りの人間がビクッとしてこちらを振り向きます。僕の声に魔法の力があるらしく、どこに行っても皆、反応してくれます。嫁は「声でかいからだよ」そんな
夢のないことを言ってますが。。。
投稿者:okuto
再び登場
「くるだんど」原局は・くらーくて・おもたーい感じの局ですが、日本音楽集団バージョンは非常に明るくて・楽しい「くるだんど」でした。

個人的感想です・・・。
何より「くるだんど」が日本音楽集団の演奏曲目に取り上げられる自体誇りです。

他の曲もいずれ劣らぬ素晴らしい演奏でしたが私的にはなんといっても「くるだんど」(生意気でごめんなさい・ひいき目大いにあり)今回も素敵な楽しいひと時・を有難うございました。

投稿者:やまちー
okutoさま
今回も、本当にどうもありがとうございました!
お国の奄美の民謡、くるだんど節は集団仕様となり、元々のとはかなり違う音楽になったと思いますが、いかがだったでしょうか・・・? ちょっとドキドキしております。
今回は、私は演奏する側でありつつも、唄をタンノーし、大いに楽しんでしまいました。
お客様がたも喜んでくださっていたら、これ以上のしゃーわせはございません。。。(^^)♪

投稿者:okuto
はっきり聞こえましたよ「ハッツ」とね
いやーはまるわ。

終了したその瞬間半ば放心状態。

時間を追うごとにじわじわ〜〜〜〜と(なんと表現していいかわからない)鳥肌が立ち再びよみがえるあの感情は一体!?

これだから辞められない。

昨夕は「福ちゃん」を前にジェスチャーいりで
力説する自分がいて、終わると福ちゃん一言「やまちー」さんてすごいよね。

同感・同感
未だ覚めやらぬこの感情を、ナニをどう表現していいやら・・・・・・・です。

うまく文章で伝えられない(歯がゆい・悔しい)お・わ・り。
投稿者:やまちー
hanaちゃん
あっソレええのう! 「ガチョ〜ン」「ぐわっし」ソク採用でつ!
hanaちゃんとこの牛とニワトリの名前、「牛田牛子」「コケ山コケ子」がも〜、ツボにはいって、思いだしてはグヘグヘ笑っておりまつ♪
投稿者:hana
『笑い弾き』『泣き弾き』
掛け声が『んがぁ』ほんまやまちーちゃんはやってくれるわなあ(^^)次回の掛け声は『ガチョ〜ン』『ぐわっし』など幾つか考えとくんで是非採用を!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ