Maintenance SHIO HOUSE

 

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:校長先生
海外仕様の輸出バイクには、自社製の純正オイルの指定は有りませんでした。
 古い雑誌の記事では、CB125JXの指定オイルがクランクケースにカストロールとか記載されたステッカーが付いていた記事を見ました。
 以前所有していたメルセデスベンツの指定オイルはモービル●●でした。
 基本的に海外モデルや、海外では、指定オイルはオイルメーカー製と成っています。
 昨今の2000年モデルや2010年モデルから、ローエミッションが多々あり、オイルが大きく変わっています。
 0Wなんて考えられませんが、0Wオイルが昨今のスタンダードですので、旧車全般に現代のオイルを入れた場合の弊害、オイル漏れ、油膜切れが考えられます。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ