Maintenance SHIOHOUSE [SHIOブログ]

CB400F/CB350F ONLY メンテナンスショップ店主の独断と偏見でつづる個人的な日誌
また当店HPとしても使っております。
冒頭に営業内容、インフォメーション、
日常の作業や臨床例、部品製作、B級グルメなどを紹介します。
(店主の備忘録なのでバイク以外の記事もあります。)
また、内容に間違いなどありましたらやさしくご指摘ください。

 

SHIO HOUSE ホームページ(WEB SITE)  http://www.h5.dion.ne.jp/~s-bikers/s-house/top.html
SHIO HOUSE GALLELY http://happy.ap.teacup.com/hondainlinefour/

SHIO HOUSE ネットショップ(ON LINE SHOP) http://shiohouse-net.shop-pro.jp/

自由項目9

営業日カレンダー

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shio
例えをあげれば、ヨーロッパ特にドイツ
BMWやベンツなどは幾ら古くても部品が出てくるようです。
これはもはや文化の違いでしょうね。
バイク人口が減る中、昔のように新機種をどんどん投入することも出来ず、カラーリングやマイナーチェンジで同一車種を売り続ける、毎年のように変わるのは勝つ為のレースベースの600cc、1000ccのスポーツ車ぐらいです、心温まる車両がカタログに無く、旧車に目が向くのもしょうがないことだと思います。
また、早い、壊れない、乗りやすい現行車よりも、癖があり、手をかけないとぐずってしまうような人間的な旧型車の方が面白く感じるのも一つの考え方だと思います。
希少価値というのもたしかにあると思いますが、ただ珍しいだけで選ぶ方は少ないと思います。「何か心が引き寄せられるもの」があるのだと思います。
それはデザインだったり、昔の思い出だったり、独特なエキゾーストノートだったり......
まぁメーカーの姿勢はもう変わることは無いでしょうから
乗っている本人が対策をしていくしかないでしょう
スペアパーツの充実、
壊さない、摩耗させないためのメンテナンスの徹底
盗難されない為の充分な気配り
コケない、事故を起こさない、貰わない
(現行車と違い、元に戻らない場合も....)
私は皆さんがモーターサイクルライフを続けていくバックアップが出来ればと思っています。


投稿者:CBX6988
確かに自分の仕事を見ても新しい事を、今の時代に合ったニーズを優先してると思います。それはソレで間違いとは思いません、確かに。
ただ、ソレだけでいいのでしょうか?
思いというのは過去の物だけでしょうか? 思いはこれからも続けたいものだと思います。ソレを利益追究だけの為に望む人の思いを蔑ろにするのは人として寂しいと思います。 各メーカーそれぞれの経営戦略はあるかと思いますが、例えがバイクなだけかもしれませんか゛、その時にメーカーが創った物を気に入って大事に乗っている人達を“過去”で終わらすのはどうかと思います。 もちろん今も大事と思いますが、過去があって今、今後があると思います。だからこそ過去からの人達を大事にするのが創る側のメーカーの仕事と私は思います。
長くなりましたが、ケアを責任者を持って欲しいと思います。
SHIOさん、僕の考えは古いのでしょうか? 皆さんはどう思いますか?

cbx6988@adagio.ocn.ne.jp
投稿者:CBX1型赤白
ホンダに限らず、とかく旧車に対するメーカーの対応は冷たいものです。やはり、儲けあっての商売なのでしょう。考えようによっては、旧車には手に入りにくい希少なものだからこそ面白さがあるのかもしれません。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ