ようこそ、お入りを・・・。

2019/8/17

冷たいお抹茶  つれづれ

暑い日々が続きますと
どうしても冷たい飲み物に手が伸びますね


しかし
お茶の世界では

暑い時季にはその暑さを逆手にとって
早朝の涼しい時間に朝茶を楽しんだり

涼しさを演出する道具を使ったりして

真夏であっても
温かいお茶をいただきます


ことに現代のように
エアコンの風の中で一日を過ごしていると
夏でも身体が冷えてしまって

熱いお茶が心底美味しく感じられるのは
とても贅沢な話かもしれません


今日も私はずっとピアノの練習をしていましたが
なかなか思うように練習が進まず

ちょっぴり焦る気持ちを抑えつつ
1時間おきにお茶をのんだりして
気分転換をしていました


そしてふと
今日は冷たいお茶を飲んでみようと思いました

他流では
お水で点てることもあると
聞いたことがありますが
自分で冷たいお抹茶を点てたことはありません


実は先日
カフェのような場所で
冷たいお抹茶を初めて注文して
飲んでみたのですが
それはちょっと私のイメージとは
違っていたので

今日は冷たいお抹茶を
美味しくいただくことに
チャレンジしてみようと思ったのです


とは言っても
そんなに変わったことをしたわけではないのですが。。。


お茶碗はガラスのようなもので無く
しかも平茶碗で無く深さのある物の方が
いいかなと思いました


そして
お濃茶を使ってみようと思いました


茶杓にたっぷり2杓


お湯はポットから柄杓でいつも通りの量を
すくって入れました


普通に茶筅で点てました


そこへ
かち割氷のアイストレーで作った
大きな氷を一つだけ入れました


お茶碗を手に持って
ある程度冷めるまで
1分くらい待ちました↓

クリックすると元のサイズで表示します
イメージどおりのおいしさ

これをいただいて
すっかりご機嫌になって
また練習に戻りました


11

2019/8/16

初めてお抹茶をのんだ日の記憶  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日
小学生の頃にお抹茶をのみながら
ゲームで遊んでいたということを
書きましたけれど

そんな記憶は
消え去っていましたが

生まれて初めて
お抹茶を初めてのんだ日のことは
なぜか今でも鮮明に覚えています


それが何歳だったのかは
はっきりわかりませんが
3歳違いの妹がそばにいなかったので

多分4,5歳の頃だったかと思います


その日は
親戚の人達が集まって
お寺で法事をしていました


白いカバーのついた
座布団がいっぱいあって


ところどころに
菓子鉢が置いてあって
白いお饅頭が入っていました


親戚のおばさま達に
「お抹茶のんでみる?」

と聞かれて
「うん」とうなずいたら

「まず始めにお饅頭を食べなさい」と

言われて

先にお菓子を食べなければ
飲んではいけないということに
びっくりしました

お饅頭を食べたら
ジブリの映画に出てくるような
おばあさんやおば様達が
まわりにいっぱい集まってきて
私の顔をのぞきこみながら

「苦いよ!苦いよ」

「無理してのまなくていいよ!」と

口々に言うので

私はもしかしたら

その緑色の飲み物は
病院でもらうお薬のような味でもするのかと
思いながら
意を決して一口飲みこみました


全然苦くない


普通のお茶よりも苦くない


それが
初めてのんだお抹茶の感想でした



その時の
まわりのおば様たちの
うれしそうな顔も忘れられない記憶です


そんな原体験を思い出しながら
今日もピアノの練習の合間に
お抹茶を一人でのみました




9

2019/8/15

お抹茶をのみながら・・・?  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
このお盆休みは
どこへも出かけず

ほぼ一日中ピアノの前に座って
練習に精を出しています

そして
疲れたらお抹茶を一服。。。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいです


ところで
先日名古屋の実家に帰った時に
本棚の奥から古い日記帳を出して
持ち帰りました


小学校4年から6年の頃に
書いたものです


クリックすると元のサイズで表示します

自分ではすっかり忘れているようなことも
色々書いてあって
読んでいるとなんだか楽しいです

その中に
こんなことが書いてあってびっくりしました


クリックすると元のサイズで表示します

「おまっ茶をのみながらバンカースをやった。」

あらあら・・・
ゲームで遊びながら
小学生の私は
いったいどんな格好で
お抹茶を飲んでいたのでしょうか・・・?


11

2019/8/14

8月稽古場 3  稽古

お盆休みにもかかわらず
しかも台風が近づいているのですが
5名の方がお稽古に来て下さいました

クリックすると元のサイズで表示します
「白雲自去来」
前大徳大道師

この禅語について
6年前の今頃にはこんな記事
を書いていたようです

禅語は
受け取るこちらの心境により
その時々で微妙に変化するような
気がいたします


今日の私はというと。。。


色々な煩悩が沸いてくる自分を
どこか高いところから愛しく見つめて
いるような気分でしょうか


そして
私と同じように
次々沸いてくる煩悩を抱えている
あらゆる人々
あらゆる存在が
なんだか愛しく思えてなりません


先日見た映画
「ライオン・キング」の中に出てきた
『スカー』さえ
そのどうしようも無く情けない生き様が
なんとも哀れであり
一番印象に残っています


因みに
今Wikipediaで知りましたが
”スカー”とは
『傷跡』という意味らしいです



クリックすると元のサイズで表示します
略盆点前


このシンプルなもてなし方が
私はとても好きです



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  ほおずき  鼓月製



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  ざぼん漬 青切


大分名産のこのざぼん漬は
ざぼんの実を大きく育てるために
摘果した小さい時のざぼんだそうです

少しほろ苦くて
真ん中は甘酸っぱくて
とても美味しいです


クリックすると元のサイズで表示します
話は変わりますが

今日
稽古場の玄関前に
ハトが巣作りを始めていました


台風がちかづいてるよ。。。と

声をかけたら
目が合いました

心配事が
また一つ増えました

11

2019/8/12

台風への備え  小間茶室新築工事

大型の台風10号が
日本に近づいているようです

15日頃西日本に上陸するかもしれないとか・・・

去年の台風の記憶が蘇ります。。。


今日は
お盆休みに入っていた大工さんが
工事中の茶室の養生に
来て下さいました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3匹の子豚の話を
ふと思い出してしまいました



台風・・・
穏やかに通り過ぎてくれることを
祈ります (*人*)

クリックすると元のサイズで表示します
8


AutoPage最新お知らせ