ようこそ、お入りを・・・。

2021/1/13

佳日  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
午前7時過ぎ
新幹線の車窓より
東の空に昇る朝日を拝みます


クリックすると元のサイズで表示します
吉備国足守のお茶室に到着


クリックすると元のサイズで表示します
足下には霜柱が。。。


茶室には
お床の青竹花入にゆったりと結び柳が入れられ

掛物に画かれた初日の光に
心あらたまります



これまで毎年変わらず繰り返されてきたことが
これまでと同じようにはできないという
様々な制約の中

現実的に何が出来て何が出来ないか
その答えは
置かれている環境や立場
持っている信念により
一人一人違って当然でしょう


そしてその答えに
正解も不正解も無いと私は思います


大切なことは
一人一人がそれぞれの場所で
自分自身の答えを見つけるという
その作業そのものなのでしょう

それにより
人は自分自身がどんな存在かを知り
その存り方を表現することになるのです

それはある意味「芸術」です


だから
誤解を怖れずに言うならば
他人のことはそれぞれの自由にまかせて
あるがまま放っておいたらよいのでしょう




今日私は

美味しい濃茶をいただきました


美しいお点前を拝見しました


気の合う方々と和やかに会話を楽しみました


佳き一日を過ごさせていただいたことに
心より感謝いたします



皆様にとって
今日はどんな一日でしたでしょうか


一人一人悲喜こもごもの一日が
静かに暮れていきます

(-人-)

クリックすると元のサイズで表示します

15

2021/1/8

1月稽古場 1 「初稽古」  茶会


朝7時半
稽古場の2階の窓より

クリックすると元のサイズで表示します

今日は洗心亭にて
今年初めての「初稽古」を行いました

未だ落ち着かない世情もさることながら
昨年父が他界しましたため
控えめに新年を迎えておりますので

例年のような茶事形式の「初釜」ではなく

「初稽古」として茶会の形で
社中の皆様と新年のご挨拶を交わすことに
させていただきました


午前と午後に分けて
十三名社中全員にお越しいただきまして
私の点前でお薄一服ずつ飲んでいただきました



クリックすると元のサイズで表示します

玄関に「騎牛帰家」(きぎゅうきか)の画賛色紙を
飾りました

十牛図の6番目の図ですね
(興味のある方は→こちらの記事もどうぞ)


クリックすると元のサイズで表示します

今朝は外の水道が凍って
蛇口をひねることができませんでした


そのような極寒の中
外の腰掛けでお待ちいただくこともないかと思い
今回は室内の待合にて
直接席入りの御案内をさせていただきました

また露地はお通りいただきましたが
諸般の事情も鑑みて
蹲踞を使わずに席入りしていただきました



クリックすると元のサイズで表示します
掛物 ふくら雀画賛

「ふくら」は「福良」に通ずるとか。。。

竹台子諸飾り


クリックすると元のサイズで表示します
席入り後
お一人ずつ全員の方と
新年のご挨拶を交わしました


今年にかけるお一人お一人の熱い思いをお聞きし
私も胸が高鳴りました


 
クリックすると元のサイズで表示します
銘 常磐木 鼓月製


※先日の「新年のご挨拶」に少し書かせていただいた
『GO TO EHO!』は
お陰様で無事に行ってくることができました

興味を持っていただいた方は是非こちらもどうぞ↓

GO TO EHO!Report1

GO TO EHO!Report2

GO TO EHO!Report3
11

2021/1/1

新年のご挨拶  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ令和三年が始まりました

今年の干支「辛丑」を検索してみると

「辛」は痛みを伴う幕引き
「丑」は殻を破ろうとする命の息吹そして希望


と書かれていました

何となくうなずけるような気がします


さて昨年は
生活習慣の変化に対応しつつも
お陰様で私個人としては
皆様の温かいご支援の下

茶事や音楽イベントなど
様々な行事を滞りなく行うことができました


そして今年2021年もまた
昨年同様
多方面からの情報を取捨選択した上で
自分軸をしっかり保って
やりたいと思うこと一つ一つに真心を込めて
取り組んで参りたいと思います


まずは明日2日から

「GO TO EHO!」

今年の恵方である丙の方角
南南東に向かって
ひたすら歩いて参ります

クリックすると元のサイズで表示します

我が家から南南東(丙)の方角に線をひくと
その先には
「橿原」「天河」「熊野」といった場所が
すっぽり収まっています

さすがに
熊野まで歩いていくことまでは
考えられませんが。。。

とりあえず
「橿原神宮」までは
頑張って歩いてみようと思います


8日には初稽古をいたします

そして
今年新たに「且座会」という名の
「お茶を飲む」ただそれだけを学ぶお稽古の会を
スタートします

第1回は1月24日に行います


玄庵茶事(GHP)は4〜5回できたらいいなあと
思っています

そして月々の研究会では
しばらくできていなかった「七事式」を
この一年しっかり
お稽古していきたいと思います


ブログを訪れて下さる皆様に
お茶の密やかな愉しみを
共に分かち合っていただけたら
幸いでございます

それでは
どうぞ今年もよろしくお願いいたします






33

2020/12/30

書棚の整理  座右の書

昔からお茶の世界には
禅の世界と同じく

『不立文字 教外別伝』
という考え方があります


真理は言葉や文字で教えるものではなく
心から心へと伝えるものであるということです


ですから
お点前は本を読んで覚えるものではなく
何度も稽古を繰り返していく間に
じんわりと身体にしみこんでいくものであって
本で勉強するのは”邪道”であると
私もどこかで感じていました


しかし
お弟子さんを教えるようになって
「間違ったことを教えてはいけない」という
焦りににた気持ちから
本を読んで学ぶようになりました


一方茶道界もまた
世の中の流れに乗って
次々に茶道関係の書物が出版されるようになりました


もちろん
本だけで全てを学ぶことはできませんし
日々の稽古が一番大切であることは
いうまでもありません

しかしたくさんの書物のお陰で
ただ先生について教えてもらうのを待っているだけでは
膨大な時間がかかったかもしれない内容を

読むことにより広く深く学ばせていただける
そのような時代に生きていることを
本当に幸せに思います


気がつけば
書棚にはお茶に関する本がぎっしり・・・


本日は
書棚の中でかなりの場所を占めていた
数年分の茶道雑誌を段ボール箱に入れて
2階に片つけることにしました


クリックすると元のサイズで表示します


少しすっきりしましたよ(*^_^*)

クリックすると元のサイズで表示します

15

2020/12/23

12月稽古場 7  稽古

本日は
今年最後の研究会をいたしました

クリックすると元のサイズで表示します
「萬歳萬歳萬々歳」

今年は
2月に舅がそして11月に父が他界しました


あらためて考えれば
二人とも90年という天寿を全うし
穏やかに旅立ったわけですから

いずれも「萬歳!」と
言ってもいいような気がします

また
2020年は
昨年の暮れには誰にも思いもよらなかった
人類史上極めて希な一年でした

ということは・・・

来たる2021年が
”思いもよらない”
素晴らしい一年になることだって
あるはず


そんなことを思いながら
今日はこの掛物を掛けました


クリックすると元のサイズで表示します

七事式が制定された時
如心斎の門人であった大徳寺の大龍和尚の法嗣
無学和尚が
七事式の各項目に添えた偈頌(げじゅ)があります


少し難しいけれど
七事式を修練するときの
根本がここにあるはずですから
これから七事式をする時に
毎回社中の皆さんとこの偈頌を確認していこうと思い

河原書店から昨年出版された「七事式」の教本などを参考に
まとめてみました


クリックすると元のサイズで表示します

今日は
廻り炭と・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



一二三をしました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  藪柑子  鼓月製



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  和三ふやき 福  
広島のお土産でいただきました

時節柄
袋の口を切って袋に入れたまま
お出ししました



クリックすると元のサイズで表示します
今日の一二三は
薄茶点前で行いました

替茶碗のお点前にして
三客以降は
水屋でお茶碗を温め
点前座で点てていただきました


クリックすると元のサイズで表示します

今年も
ブログ「一期一会」を
たくさんの方々にご覧いただきまして
ありがとうございました


来年は1月8日の初稽古から
スタートする予定です


どうぞ
良いお年をお迎え下さいませ


2021年が
皆様お一人お一人にとって
素晴らしい一年になりますように
お祈りしております




26


AutoPage最新お知らせ