ようこそ、お入りを・・・。

2019/1/22

湯木美術館  美術館・お茶室

クリックすると元のサイズで表示します
湯木美術館では
平成31年早春展が
開かれています(〜2月8日)

クリックすると元のサイズで表示します
「利休と茶の湯のエピソード」という
タイトルに惹かれて
出かけて参りました


「茶話指月集」「江岑夏書」など
茶書に著わされた逸話より
今に残る
利休ゆかりの道具の数々が展示されていました

平成もあと少しで終わる
今の時代にあって
利休の生きた時代を
想像するのは
容易なことではありませんが

時代の荒波をくぐりぬけ
今に伝わる道具を見ていると

利休が生身の身体を持って
実際に生きていたことを
少し実感できるような気がしました

しかし利休さんも
まさか自分の死後
400年以上たって
これらの道具が
ガラス越しに多くの人の目に
触れることになろうとは
想像だにしなかったことでしょうね・・・





10

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ