ようこそ、お入りを・・・。

2019/8/15

お抹茶をのみながら・・・?  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します
このお盆休みは
どこへも出かけず

ほぼ一日中ピアノの前に座って
練習に精を出しています

そして
疲れたらお抹茶を一服。。。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいです


ところで
先日名古屋の実家に帰った時に
本棚の奥から古い日記帳を出して
持ち帰りました


小学校4年から6年の頃に
書いたものです


クリックすると元のサイズで表示します

自分ではすっかり忘れているようなことも
色々書いてあって
読んでいるとなんだか楽しいです

その中に
こんなことが書いてあってびっくりしました


クリックすると元のサイズで表示します

「おまっ茶をのみながらバンカースをやった。」

あらあら・・・
ゲームで遊びながら
小学生の私は
いったいどんな格好で
お抹茶を飲んでいたのでしょうか・・・?


11

2019/8/18  7:56

投稿者:tomoko
明治時代かそれ以前に作られたお茶杓ですね。
お茶杓で会ったことの無いお祖父様を偲ぶことが
できるなんて素敵だと思います。

私は祖父が喜寿の内祝で配った志野茶碗と
母が祖母から譲り受けたという大樋のお茶碗を
手元に置いています。

プーレーはパチンコの元祖みたいな木製のゲームです。(パチンコはしたことはありませんが・・・)


2019/8/17  23:31

投稿者:雲や
プーレーって知りません。聞いたことないです。

祖父のお道具でお茶杓が使えそうで、別に筒に入れて保管しておりますが、その姿形がどうも千家流でないような様子です。昭和27年生まれの私は勿論、先年亡くなった大正15年生まれの父も、その父(私の祖父)を知らないで育ったようです。今わたしは、この茶杓で祖父をイメージしております。まあ、一般の既製品でしょうけど。

2019/8/16  21:42

投稿者:tomoko
バンカース、懐かしいですよね!
プーレーはご存じですか?
つい最近まで実家に帰ったら遊んでました。

断片的に残っている記憶は、やはり人生に意味があるような気がいたしますね。
その短冊箱は貴重な思い出のお品ですね。

2019/8/16  21:00

投稿者:雲や
いやぁ〜〜、もう〜偏差値高めの小学生ありありですね。バンカースああ、わたしも兄弟で遊びました。

初めての抹茶。ぜんぜん思い出せません。
家は、お抹茶を普段飲む家庭ではありませんでしたが、昭和3年に亡くなった私の祖父が大正15年に購入記録のあるいわゆる短冊箱があり幼い私が悪戯などし、(そのうちいくつかは今も使用できそう)というのが、わたしの幼少期の思い出です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ