ようこそ、お入りを・・・。

2019/10/24

好み物展  美術館・お茶室

表千家
襲名記念 猶有斎千宗左家元
改名記念 而妙斎千宗旦宗匠
好み物展 京都展(10/23〜10/28)

京都高島屋7階グランドホール


クリックすると元のサイズで表示します

『松鶴瑞祥』をテーマに
お家元ならびに宗旦宗匠自筆の一行書や
合作の画賛
ご自作の茶碗・茶杓と新たな好み物

同時開催として

表千家伝来道具の展観
『家元の代譲りと茶の湯』

(パンフレットより抜粋)



朝10時の開店を待って入店し
会場で待ち合わせた社中の二人と
一つ一つのお道具を
じっくりと拝見させていただきました


お二人の宗匠の道具が
並んで飾られているので

それぞれのお好みの特徴が
よくわかって
とても楽しい展観でした


会場では
ご襲名と改名にあたっての
また今回の好み物展への
お家元と宗旦宗匠のお話が
ビデオ映像として映されていました


呈茶席も設けられ
了々斎の掛け物の前には
秋明菊がたっぷりと
飾られていました


席の向こう側に
家元教授の貫名宗匠が座っていらして
三人で緊張しながら
お薄をいただきました


華やかでお目出度いお道具の数々に
心を酔わせているうちに
気づいたら
午後一時を過ぎていて
びっくり


最後に
記念の図録を買って
レストラン街へ向かい
おいしいしっぽく蕎麦をいただきました






15

2019/10/30  12:53

投稿者:tomoko
好み物展の会期を11月と誤って表記しておりました。
訂正いたしましたが、御迷惑をおかけした方に、お詫び申し上げます。

原田智子

2019/10/25  21:32

投稿者:tomoko
なるほど、そういうご配慮で。。。
私はそういう意味では気楽な立場で
自由にお茶を楽しませていただいているのかも
しれませんね(^.^)

2019/10/25  21:18

投稿者:雲や
いや、大勢のお客様という訳ではなく、むしろその時間空いていました。宗匠やいつもの先生方にお茶を運んでもらうことを遠慮する気持ちです。あそこで客をする気分にはなれませんでした。ということです。

2019/10/25  20:24

投稿者:tomoko
23日は京都初日だったので、大勢の方や偉い方々がいらっしゃったのでしょうね。
デパートの催しということで、展示の仕方が、北山会館や他の美術館での展示とは微妙に違っていて、お茶をされない一般の方々にも広く気軽に拝見できる催しで、しかも無料・・だから仕方ないんだろうなあと思う一方で、お茶をする者から見たら、なんだかもったいなくて、贅沢過ぎて・・・、本当にありがたい!催しでした。
呈茶席のお菓子は中の餡が赤くて上に鶴が描かれた薯蕷饅頭で、虎屋さんでしたよ♪

2019/10/25  1:15

投稿者:雲や
私は23日に行きました。入場無料がしみじみ有り難い内容でした。その日の呈茶当番は堀内宗匠担当のようで多くの方々に挨拶し、とてもとても席には入ることは出来ませんで、早々に北山会館に向かいました。連続するととても疲れて烏丸駅4時の電車になってしまいました。(河原町駅10時に着いたのに)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ