ようこそ、お入りを・・・。

2020/3/15

塞翁が馬  つれづれ

今月は
ヤマハのレッスンは休講となり
お茶関係の催し物については
中止のお知らせが
毎日のように郵便受けに届きます


しかしどのような物事も
どちらから眺めるかで
プラスとマイナスの両面を
併せ持っているのでしょうか

この度の世情を鑑みても
個人的には
同じ事が言えるような気がしています


今週は思いもよらず
土曜日と日曜日が連休となり
名古屋の実家に行って参りました

クリックすると元のサイズで表示します

裏庭の金柑の木が大きくなったので
母の手が届かない高さの枝を
切って欲しいといわれ
剪定をしました


母と二人で
縁側のガラス拭きをしたり

近くのお店までゆっくり歩いて
天丼を食べたり。。。


忙しさに取り紛れて
普段したくても
なかなかできなかったことが
ほんの少しできて
心のほっこりする春の連休となりました


クリックすると元のサイズで表示します



14

2020/3/17  11:56

投稿者:tomoko
霞芳さま

おはようございます。
ご丁寧なコメント、ありがとうございます(^_^)

お母さまのために造られた3畳の座れるお茶室、素晴らしいです!

時の流れを感じながら、これまでいただいた多くの優しさにあらためて気づかされる日々です。

2020/3/17  5:07

投稿者:霞芳
朝早くから申し訳ございません
私の早合点から失礼なコメントとなり深くお詫び申し上げます
ご実家のご様子また義母様をお連れになられたこともとても微笑ましくうれしくおもいます
私の母今は施設で暮らしておりコロナ騒ぎで面会できず母もさみしい思いをしていると思います
私の父がなくなったときに母がさみしくないようにとまいしゅうかようつもりで父の部屋を改築して3畳の茶室をつくり外から椅子に座ってお茶をいただけるようにしました、しばらくは母もご近所のかたをまねいて番茶とお菓子で雑談につかっていたのですが
やはり高齢のため一人暮らしが無理となり結局私の近くによびよせました
誰もすまなくなった実家にいき茶室の畳をふきながら時の流れを感じてます

2020/3/16  21:04

投稿者:tomoko
霞芳さま、ありがとうございます。

実は帰ったのは私の実家の方です。
私の父は三年ほど前から高齢者施設で暮らしています。
この度は、一人暮らしの実家の母とのんびりすごしました。

そして、日曜日には先日義父が無くなった夫の実家から私の実家に義母をお連れして、ひとときを過ごしました。
夫の実家の両親と私の両親とは、以前は四人で旅行に出かけるほど
仲良くしてくれていたのです。

寂しくなった母同士ですが、なかなか二人とも年の割には達者でして、
今年米寿を迎える女同士の元気なおしゃべりに、
こちらがたじたじとなるほどでした☆

2020/3/16  12:36

投稿者:霞芳
お母様とゆっくりされてよかったですね
きっと天国のお父様も見守っておられたでしょう
忙しい毎日
少しのんびりするのもいいのかもしれませんね
私は予定がないと落ち着かない貧乏性ですが
すごしのんびりしてみます

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ