ようこそ、お入りを・・・。

2020/4/6

「主人公」  つれづれ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日表千家の会誌”同門”4月号が届きました

巻頭の
「共有する」ということ
と題された
猶有斎お家元のお言葉にも

この度の世情を鑑みて
苦渋の決断をなされたお気持ちが
記されておりました


何度も読み返し
特に最後の

「茶の湯の楽しみというものは
平穏な日常の上にこそ成り立つものだ
ということをあらためて感じます」

という一文が深く心に沁みました


このような世界的な情勢の中
自分のあり方というものを
それぞれの方が日々考え
迷っていらっしゃることと
思います


私も昨日は
6月に予定していたピアノの発表会を
8月に延期すべく決断し
その手続きに会場に走り
生徒さん全員に
その旨お手紙を発送させていただきました


その一方では
自宅のピアノレッスンと
茶道教室ならびに
お茶事については

最大限の注意を払った上で
お越し頂ける方を受け入れております


そのことに関しては
恐らく賛否両論あることと思います

実際私自身の心の中も
二つの思いに揺れております

きっと
答えは一つではないのでしょう


それぞれのお立場や環境条件によって
各自が自分の答えを見つけるべきなのだと思います


ですから
他の方々の選択される道に
異論は全くありません


その上で
私自身はどうありたいのか


それを日々模索しています


刻々と変わる状況に対応しつつも

自分の心の主を他者に委ねることなく
自分の心の声に耳を澄ませながら

それが単に自分のエゴになってはいないかと
自問自答しつつ

今の自分にとっての答えを探して
一歩ずつ前に進んで参ります


「主人公!」

「惺惺著!」




13


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ