ようこそ、お入りを・・・。

2020/7/15

玄庵・朝茶  茶事

今日は社中のお二人を
朝茶にお招きいたしました

クリックすると元のサイズで表示します

懐石の下ごしらえは
前日に可能な限りすませて
今朝は午前3時に起きました


席入り時刻を7時にご案内していたので
十分時間があると思っていたのですが

昨日が一日雨降りだったので
前もって掛け雨戸をはずすことができず

今朝になってから
雨戸を外して簾を掛けていたら

それに思わぬ時間をとってしまい
そのことが誤算となって
気持ちに余裕のないままのスタートとなってしまいました


その上
十年来の気心の知れた社中がお客様とあって
ついついお話の方に夢中になって
あれこれ抜けてしまいました


今更ながら自分の未熟さを痛感しました


とはいえ

ありがたいことに
連日の雨もお茶事の間は落ちてくることもなく

玄庵での初めての風炉のお茶事

ようやく鳴き始めた蝉の声を聴きながら
如何にも夏らしい朝茶を
満喫することができました


拙いことばかりですが
ご高覧いただけたら幸いです



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

何年か前に
お正客様より鉢植えを頂戴した祇園守です

地植えにして
毎年沢山の花を楽しませていただいています


クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  きび羊羹  長寿園



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  氷彩花  長寿園



クリックすると元のサイズで表示します

時に「後段」と称して

茶事が一通り終わった後で
上戸の殿方などは
あらためてゆっくり飲み直すようなことも
あると聞きます


朝茶は本来は
朝の涼しいうちにさらりと済ませるのを
良しとするそうですが

本日は薄茶の終わった後
洋間に移っていただいて
コーヒーとチョコレートで
”後段”とさせていただきました


女子はいくつになっても
おしゃべりと甘いお菓子が大好きなのです(*^_^*)




クリックすると元のサイズで表示します

日が十分高くなってから
お二人をお見送りし
一人玄庵に戻りました


静かな釜音を聞きながら
既に思い出の一頁となった
本日未明からの長い朝を
反芻していました


すると突然ざーっと
雨音が聞こえてきました



朝茶の間中ずっと
降りそうでいて降ることもなく
蝉も元気に鳴いて
お客様を送り出した時は
青空さえ広がっていたことが

なんだか奇蹟のように思えてきました



30


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ