ようこそ、お入りを・・・。

2020/10/8

10月稽古場 3  稽古

クリックすると元のサイズで表示します
「閑坐聴松風」
前大徳文雅師


クリックすると元のサイズで表示します
フィリピン製籠

水引草 藤袴 秋明菊 秋海棠


クリックすると元のサイズで表示します
大板

今日は午後から雨が降り始めました

台風が近づいているようです

無事に通り過ぎていきますように・・・



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子 菊がさね  鼓月製
干菓子 小口    塩芳軒製

「菊がさね」の意味がわからなかったので調べてみたら

『菊襲』と書いて

1. 襲(かさね)の色目の名。
表が白、裏が紫または蘇芳(すおう)のものをいう。
陰暦9、10月に着用する。

2. 女房の重ねの袿 (うちき) の配色の一。
表着 (うわぎ) は白、袿は五衣 (いつつぎぬ) で
白・白・薄紫・薄紫・紫とする組み合わせなど、
いろいろある。秋に着用する。


と書かれていました

私の知らないことが
まだまだたくさんあるなあと思いました

「小口」は
平安時代の女官で箏の名手だったという
「小督局」にちなんだ銘なのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
昨日ご挨拶に来られたMさんが
山で取ってきて下さった藤袴です
12


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ