ようこそ、お入りを・・・。

2012/11/30

「茶道の哲学」【露地草庵】より  座右の書
露地とは
ただ茶席に至る通路という地理的な意味だけではなく
そこを通ることによって
心地を露わにするという
超現実的・出世間的・宗教的なものでなければならない


草庵は
俗塵を払って清浄静寂なる仏心を体得し
それを行じ 表現する場である


「露地草庵に入る」とは
寂数寄の茶道に入るということであり
単に飲食・娯楽・ものずき・趣味・風流のためではない


(以下 今日の茶道への批判・・・)

名聞茶・利欲茶・嫁入り支度茶・嗜好茶・道具茶

遊閑茶・交際茶・趣味教養茶・技芸茶・権勢茶・型茶・職業茶



以上
「茶道の哲学」久松真一(講談社学術文庫)
P66〜83からの抜粋です

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ