ようこそ、お入りを・・・。

2013/6/25

ご命日に・・・  つれづれ
先日 若美津茶会にでかけた折
寄り付きで待っている間に
偶然横に坐られた一人のお茶人と
言葉を交わしました


彼女が
名古屋からお越しということで
親しみを感じてお話させていただいていましたところ
木村宗匠とのご縁がおありとのことで
私も以前
木村宗匠のお茶事に寄せていただいた時の思い出話をして
しばし楽しい時間を過ごさせていただきました


その時はおしゃべりに夢中になっていて
うっかりしていたのですが

後で気づいたら 
その日 6月23日は
木村宗匠のご命日でした


ちょうどご命日の日に
木村宗匠とご縁のある方にお会いし
宗匠のことを懐かしく思い出すことができたのは
何か不思議な気がいたしました



また
先日自宅でお茶会をしたときには
4年ぶりに
以前の稽古場の茶友と再会して
当時習っていたM先生の思い出話をすることができたのですが
それも
よく考えてみれば
茶会の3日前が
M先生のご命日でした


空の上から
二人の偉大な先生方が
今も見守っていてくださるような気がいたします







7

2013/6/29  10:53

投稿者:tomoko
その気分が導いてくれる方向に
素直に進んだらよいのだと思います。

2013/6/29  4:32

投稿者:健
自分はいつも、わくドキドキするために生きてます(*^.^*)
人間関係、食べ物、仕事など…
最近は食べ物中心にわくわくしてます(^^)

2013/6/27  16:23

投稿者:tomoko
そのように考えた方がわくわくして楽しいし
ありがたく思えるので
私はそのようにとらえています(^-^)

2013/6/27  4:24

投稿者:健
偶然と思ったことが、実は必然的であることや、言葉で説明できない「めぐり合わせ」があるのでょうか。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ