ようこそ、お入りを・・・。

2010/8/1

炉の灰を染める  裏仕事

今日は 炉の灰を茶汁で染める作業をしました

@ 炉と風炉の尉と底
  (尉は 炭火が燃えて灰になったもの
   底は 燃えかすと共にすくいとった灰)
  火消し壺の中の燃えかす
クリックすると元のサイズで表示します


A @をふるいでふるったもの
  目の粗いものと細かいものを使って3回ふるいました
  私は この時 必ずマスクをかけます
クリックすると元のサイズで表示します



B Aにぬるま湯を入れて あくをぬきます
クリックすると元のサイズで表示します



C Bを数回繰り返して 上澄みが澄んできたら
  水を捨てます
クリックすると元のサイズで表示します


D 4月に炉からあげておいた灰
クリックすると元のサイズで表示します



E お稽古の後などに 少しずつためていた古いお茶
  お湯をいれ茶筅で点てて 灰を染めるのに使います
クリックすると元のサイズで表示します



F 古くなった煎茶を煮出して CDの灰にかけてこねます
クリックすると元のサイズで表示します



G 壁土くらいの固さにして ポリバケツに保管します
クリックすると元のサイズで表示します


以上のやり方は 
今まで習った先生方に口頭で教えていただいたことや
表千家北山会館で行われた講習会でお聞きしたこと
「灰形と灰の作り方(表千家流)」(世界文化社)に
載っている内容を参考にしています


 
10


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ