ようこそ、お入りを・・・。

2014/11/22

建仁寺での特別茶会  他会記

小春日和の昨日
愛読している
月刊誌「家庭画報」の企画された
「京都・建仁寺での特別茶会」に
参加させていただきました

クリックすると元のサイズで表示します
待合のお部屋に掛けられた
竹田益州老師の掛物



クリックすると元のサイズで表示します
法堂にて
建仁寺庶務部長 浅野様の楽しいお話を伺いながら
天井に描かれた「双龍図」を拝観

二頭の龍が描かれている天井図は
とても珍しいのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
方丈にて
本番さながらの厳粛な雰囲気の中
四頭茶会を体験させていただきました


昨年
4月20日の四頭茶会に
初めて参加させていただいた時の感動が
よみがえりました

また今年は
栄西禅師八百年遠忌にあたります

このような特別な年に
再び栄西禅師の元で
お茶をいただけることのありがたさを
しみじみと感じながら

差し出した天目茶碗にお湯が注がれ
目の前で点てていただいたそのお茶を
ゆっくりと飲ませていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
方丈前のお庭


クリックすると元のサイズで表示します

お昼は
京料理の老舗「瓢亭」の
ご主人と息子様によって再現された
250年程前の江戸時代の精進料理をいただき
その後
お膳を変えて
茶懐石のお料理をいただきました


クリックすると元のサイズで表示します
建仁寺の塔頭の一つ 両足院

両足院副住職 伊藤様が
両足院とお庭について
その意味から歴史まで
とても丁寧にお話し下さいました

伊藤さまが
とても美しいお坊様なので
私はみとれてしまって
せっかくのお話も
半分くらいしか頭に残っていないのですが・・・


「両足院」の「両足」というのは
”足”の意味ではなく

「両方足りている」
すなわち
「智慧と慈悲」の両方を兼ね備えた存在である
「仏様」を表しているのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
両足院にあるお茶室 臨池亭

六畳のお茶室「臨池亭」にて
藪内流若宗匠 藪内紹由様による
お茶席で
薄茶をいただきました

唐物を飾るのにふさわしい
柿の木で作られた
凝った細工のお棚が
とても印象的でした

また
お点前も
武家のお茶らしい凛々しさがあり
興味深く拝見させていただきました



16

2014/11/24  22:26

投稿者:tomoko
雲や様、ありがとうございます!
益州老師のこの掛物、おっしゃる通りで合点がいきました。記事に書いた解釈は、今後この記事にアクセスした方に間違ったことをお伝えすることになるといけませんので、削除させていただきます。
わからなかったことがわかるということは、とてもうれしいことです。
自信はなかったのですが、書かせていただいてよかったです。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます*(^-^)*


2014/11/23  21:47

投稿者:雲や
毎度のことですが、熱心な精進頭がさがります。
一つ掛け物の読みが気になりました。
以前に禅語の本で見た「話盡山雲海月情」に似てるかなと、思いました。「大悟した者同士が会合し、お互いの悟りの境地を心ゆくまで語り合う」(『禅語の味わい方』西部文浄、淡交社)としてありました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ