ようこそ、お入りを・・・。

2015/6/28

大徳寺月次利休忌茶会  他会記
クリックすると元のサイズで表示します
本日
梅雨の晴れ間の日曜日に

社中の方々とご一緒に
京都紫野の
大徳寺月次利休忌茶会に
出かけて参りました

クリックすると元のサイズで表示します
大慈院

本日は堀内宗完宗匠が
釜を掛けられました



お道具のひとつひとつが
いずれも生前の兼中斎宗匠を偲ぶ
静かなお取合せでした



寄付きには
松枝不入作 荘子香合




点前座の丸炉風炉は
正面から灰が見えないつくりで

灰を押す必要がないという
侘びたものでした


兼中斎宗匠がよく好んでお使いに
なっておられたのだそうです



風炉先は思った通り
兼中斎画 曳舟


茶杓は
即中斎宗匠が惺斎宗匠13回忌の時に削られたもので
銘 西柱


兼中斎宗匠が
大切になさっていたお茶杓なのだそうです



主茶碗は
手の平にすっぽりと入るほど小ぶりな
兼中斎作 八事窯 黒

銘は 「旅の友」 でございました



お点て出しのお茶は
宗匠自筆の絵替わりのお茶碗で出されました

私のいただいたお茶碗には
蜻蛉に似た蝶のような絵が画かれていました


先日の
「広帯蜻蛉枝尺蛾」のこと
ふと
思い出しました







クリックすると元のサイズで表示します
瑞峯院の前庭

白川砂がまぶしく光っていました


こちらのお席は
神戸の筒井優子先生のご担当でした


お茶を通して
人と人の絆を深め
世界平和に貢献したいという
お席主の熱い思いの伝わる
グローバルなお道具組でした


阪神淡路大震災の瓦礫の中から見つかったという
風炉の上に

お席主が最初にお茶を習った先生からいただかれたというお釜が
乗っていました


それがまるで
初めから風炉釜切り合わせのセットで造られたように
見事に合っていて
とても不思議でした



クリックすると元のサイズで表示します
大慈院内 泉仙の鉄鉢料理 ”あやめ”

11


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ