ようこそ、お入りを・・・。

2015/10/25

表千家同門会大阪支部茶会・展観  他会記

本日は
大阪美術倶楽部にて
2日にわたって開かれた

表千家同門会大阪支部茶会・展観に
行って参りました

クリックすると元のサイズで表示します

お濃茶席の席主は
森泰輔宗匠でした



待合「鴻ノ間」の掛物は
鈴木松年画 帰牛図



お道具の並べられている
次の待合「扇ノ間」には

万仭道坦筆 玉ノ絵賛


その次の寄付には

柳里恭筆一行 且座喫茶


そして本席の松筠亭の掛物は

松花堂画 布袋図



さらに
呈茶席「雪ノ間」には

翠厳宗みん筆 瀟湘八景詩 遠寺晩鐘



呈茶席「月ノ間」には

吸江斎筆二行

鶴舞千年樹 亀遊万歳巌



濃茶席だけで
これだけの掛物を拝見できるとは
なんと贅沢な
お席なのでしょう!



3階「祥瑞ノ間」では
平成五年度役員様による
薄茶席がもたれました


お棚は
碌々斎好の「常磐」という
珍しいものでした


掛物は

碌々斎筆 「明歴々」

花入の銘が 「玉兎」とあり

今宵の十三夜を
楽しみに思わせていただきました




2階では
『奈良に因んだ茶道具』と題された展観があり


古赤膚や奥田木白作の赤膚焼など
数多く展示されていました

クリックすると元のサイズで表示します
十三夜のお月様

13


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ